コーショー

SU-85&SU-100・操縦手ハッチの鋳造刻印文字

■ SU-85操縦手ハッチの "С." 鋳造刻印文字

SU-85の操縦手ハッチには、表面中央の下部に "С." の鋳造刻印文字がある("С" は英アルファベットでは "S")。これは以前(2000年!)に記事にしているので参照されたい。
GIZMOLOGIC MEMO:SU-85の操縦席前面ハッチの特徴

Su85_s

記事では「SU-85の操縦手ハッチはT-34のそれとは細部が異なる専用のもので、工場ラインや修理時にT-34用の操縦手ハッチと区別するために "С." の刻印が付けられたのでは」と予想した。「今後の研究を期待したい」と結んでいるが、では20年以上経った現在その「研究」はどうなっているかをまとめてみた。

結論から言うと、この刻印の出所由来を明確に記した一次資料はロシアでも見つかっていないらしい。
ロシアの模型雑誌『Mホビー』誌の編集長である ニコライ・ポリカルポフ 氏は、同誌 2017/01『既知についての未知』記事中で…

------------------------------------------------

『SU-85自走砲では、このハッチにトーチカ(点)付きの "С." の文字が施されていた。これらの文字の意味に関する資料はまだ見つかっていないが、設計ロジックは次のようにたどることができる。UZTM工場では多くの戦闘車両の装甲部品を鋳造し他の工場に供給していた。SU-122自走砲では操縦手のハッチがT-34よりもずっと狭かったので、これらのハッチを戦車のものと混同することは不可能であった。しかしSU-85の操縦手ハッチは外見的にはT-34の操縦手ハッチとよく似ており細部が異なるだけだったので、"С." - "самоход = サマホード" (1940年代の工場資料ではこう呼ばれていた)が付けられた。』(機械翻訳を元に筆者が微修正)

------------------------------------------------

…と記している。
記事では、直接的に明示した資料は見つかっていないものの、1940年代の工場ドキュメントに於いて「Cамоходная Артиллерийская Установка = サマホードナヤ・アーティレリイスカヤ・ウスタノーフカ(自走砲)」を "самоход = サマホード" と略表記しており、その頭文字である "С." だったのではないかと考察している。

また、ロシアのAFV研究家である ユーリイ・パショーロク 氏も、やはり『Mホビー』2019/07『ソ連の中型駆逐戦車』記事中で…

------------------------------------------------

『戦車用ハッチと混同しないように、製造当初からハッチ表面に "С." の文字があった』

------------------------------------------------

…と記している。

なお、ユーリイ・パショーロク 氏によれば、"С." の文字はSU-85の極初期では中央やや右側にズレて刻印されていたが、その後は、SU-85Aに到るまでハッチ下部中央に配置されたとしている。
上にあげた写真はモスクワの中央軍事博物館で撮影したSU-85(1944年夏生産のSU-85A)のもので、SU-85では生産全期間を通じて "С." 刻印付きだったと言える。

 

■ SU-100操縦手ハッチの "Р." 鋳造刻印文字

SU-100の操縦手ハッチには、表面中央付近にやはりトーチカ(点)付きの "Р." の鋳造刻印文字がある("Р" は英アルファベットでは "R")。

Su100_r

こちらに関しては先の『Mホビー』2017/01『既知についての未知』記事中で…

------------------------------------------------

『(1945年)3月に行われたもう一つの変化は、操縦手ハッチに鋳込まれていた "Р." の文字が消えたことである。4月にはこの文字が入った操縦手ハッチは見られなくなった。
〜中略〜
前面装甲板の厚さが75mmに増加したSU-100自走砲の新型操縦手ハッチも、装甲と同等の強度を達成するために厚みを増した。しかし外観はSU-85のハッチに類似して変わらないため、特別なマーキングが必要となった。T-34とSU-85の操縦手ハッチの生産が完了するとSU-100の方は特別なマーキングが不要になり、"Р."( "равнопрочная" )の文字は消えた。』

------------------------------------------------

…とあり、"Р.""равнопрочная" の頭文字だとしている。"равнопрочная" は「同等の強度」と訳すのかな、1944年6月にUZTMで作成されたSU-100の操縦手ハッチに関する工場ドキュメントにこの "равнопрочная" という用語が使用されており、そこからの類推としている。「増厚された前面装甲と同等の強度を持つハッチ」ということだろう。

つまり、SU-85の操縦手ハッチの刻印文字はT-34の操縦手ハッチと区別するために付けられ、SU-100の操縦手ハッチの場合はT-34と、それに加えてSU-85の操縦手ハッチとも区別する必要があり付けられたとことになる。

冒頭リンクの私の記事内容については概ね予想通りだったかと言えるが、以下のように訂正と修正も必要だろう。

------------------------------------------------

“SU-85”の生産工場は「ウラル重機械製作工場(UZTM 第9工場)」であり、“SU-85”の生産が開始された1943年の夏には同工場ではT-34の生産自体は行われていない(*1)。しかし下請けラインでの混乱や修理時の便宜のため“SU-85”用の操縦手用ハッチには区別のため【С.】の刻印が付けられた…。しかしその後、生産の効率化を図る上で、T-34シリーズと、T-34車台のSUシリーズのハッチは改良され統一化が図られた…というのはどうだろうか(*2)

(*1)UZTMでSU-85の生産が始まったのは1943年8月からで、同月、同工場では9両のT-34が製造されており、月単位で見るとギリギリ被っている。
(*2)この「生産の効率化を図る上で……統一化が図られた」という推測はハズレで、実際にはそのような事実も計画も存在しなかった。

------------------------------------------------

なお、『Mホビー』記事『既知についての未知』は、ニコライ・ポリカルポフ 氏の名を冠してはいるが、実際にはロシアの複数のマニア&研究家(例えば ユーリイ・パショーロク 氏を含む)による研究をまとめたもので、いわば集合知によるもの。模型誌なので内容も「模型的に外から見えるディテールの解説と時期的変遷」が主になっており、例えば「エンジン室内の燃料ポンプの変遷」といった「見えない部分」についてはオミットされている。モデラー的にはむしろ歓迎されるポイントかもしれない。

同記事はその後『Mホビー』別冊としてまとめられ、また 2020年には英訳されて Canfora Publishing刊【Red Machines vol.2:SU-100 SELF-PROPELLED GUNに収録された。 Canforaの同書は既に入手されている方も多いかと思われるが、SU-100に興味のあるディテール考証派のモデラーならば買って損なし!の一冊だろう。
なお、ZVEZDAの新版SU-100も同誌の内容を元に開発されている。

Canfora_su100

最後に余談ながら、Miniartから SU-85のキットが発売になった時、操縦手ハッチにちゃんと "С." の文字がモールドされているのを見て「ヨ〜シヨシヨシヨシヨシ」と思いましたねー。
で、これがモールドされるに至ったことについては私の記事も0.5%くらいは影響しているんじゃないの〜?と個人的には思ったりしております。当該記事はロシア方面の掲示板で時々リンクされたり引用されてたりしていたので。まぁ特に証拠もなく私がただただ勝手に思ってるだけですけども。ともあれ、ディテール星人としてはお気に入りのディテールが製品に反映されるのは嬉しいことです。

|

パンター転輪装備のT-34(また)

鹵獲したNSU 501(かな?)のサイドカーに乗るソ連兵。
右奥に停車中のT-34(恐らくは-85)の足回りを見ると、第1転輪はスパイダーウェブで、第2〜第4転輪には、みんな大好き「パンター転輪」を装着している。

撮影日時は不明。左後方でカバーを掛けられている車両はT-34T回収車のようでもあり、戦線やや後方という感じかな。

T34_t5katkam

|

How Green Was My Valentine

1枚目はロシア・スモレンスクにて発掘された、バレンタイン(III 又は V あたり?)の砲塔残骸。ベースカラーは緑。描かれた赤星が逆さまなのが面白い。

2枚目もやはりバレンタイン用の Mk-4・ペリスコープのガードカバー。こちらも地色の緑が残っている。

Valentine_russia_01

Valentine_russia_02

[photo via forum.ww2.ru]

|

T-35・円錐形砲塔型の残骸

T-35の、それも円錐形砲塔(傾斜砲塔)の残骸が2019年にウクライナで発見されていたのだそうっ!
しかもっっ!!砲塔後部に機銃マウントを装備したタイプがっっっ!!!

T-35の円錐形砲塔型は10両が製造されましたが、そのうち砲塔後部に機銃マウントを装備したのは5両、更にその中で「鉢巻アンテナ(及び基部)」を装備していないのは2両のみとされており、特に貴重なのですよ。

T35_conical
[photo via VK]

T35_conical_02

|

KV誘導輪径・その後

KV重戦車の誘導輪径について書いたのは去年の七月だったのね。
本件はその後も気が向いた時(寝る前にスマホでとか)にポツポツ調べてました。Web検索が主なので限界もありますが、現時点でのまとめなどを下記に。

■ 実車マニュアルの記述

先の記事を書く際にも実車マニュアル類を幾つか参照しているが、マニュアルには転輪径や履帯幅等の記載はあっても誘導輪径数値の記載は見られなかった。

■ Web上の記事

Web上の KVに関する記事(主としてロシア系を調査)には「誘導輪径 680mm」との幾つかの記述が見られる。
例えば、Googleで「 "танк КВ" "направляющее колесо диаметром" "мм" (KV戦車 誘導輪直径 mm)」と検索すると「направляющее колесо диаметром 680 мм(誘導輪径 680mm)」という文字列が検索される。ただし検索された記事は皆 KV-1でも「KV-1S」に関するものばかりだった。
なおこの検索では「680mm」以外の数値は見つからなかった。

■ ロシア系・模型フォーラム掲示板

ロシア系の幾つかの模型フォーラムでは模型製作にあたって誘導輪径についての言及が見られたが、やはり「680mm」という記述ばかりだった。

実はかなり以前に発売された ZVEZDAのKVも誘導輪が小さく「18.9mm(x 35:660mm)」なのだそう。その際にも議論があり、モスクワ・中央軍事博物館収蔵車両の計測結果などを元に、結果として「誘導輪径は680mmなので ZVEZDAは小さい」という結論に至った模様。
タミヤの新 KVでは ZVEZDAより更に小さい「18.0mm(x 35:630mm)」なので、ロシアのモデラーにも困惑が見られる。

■ ロシア文献における記述

参照した文献で「KV-1Sの誘導輪径」について記述が確認できたものは以下。

『近代化された「クリム・ヴォロシーロフ」戦車・KV-1S & KV-85』(マクシム・コロミエーツ 著:エクスモ 刊, 2014):KV-1Sについて「誘導輪径 680mm」との記述。
『国内の装甲車両・20世紀 第2巻 1941-1945』(エクスプリント刊, 2005):KV-1Sの項目に「誘導輪径 680mm」との記述。
『タンコマステル』04/2001 別冊『重自走砲(諸元集)』:KV-1S車台ベースの「SU-152」及び「203mm試作重自走砲 S-51」の項目に「誘導輪径 680mm」との記述。

上記はいずれも「KV-1S(車台)の誘導輪径は680mm」という立場だった。

『KV Technical History & Variants』(Neil Stokes 著:AirConnection 刊, 2010):KV-1について「誘導輪径 700mm」との記述。

本書ではKVの誘導輪径を「700mm」と解説しているが、2020年に同著者のウェブサイトに掲載されたタミヤ新 KVのレビューでは「The original KV idler was 680mm in diameter」と記しているので、現在では情報が修正されて「680mm」という立場だと思われる。

■ KVの小径誘導輪という記述

「KV-1Sから採用された小径誘導輪」と称される物については詳細不明につき積極的にはリサーチしていないが、上記の諸々を調べている際にもそれらしい関連記述や話題の展開を目にすることは無かった。
ここまで挙げてきた各例が皆「誘導輪径 680mm」という立場であることから鑑みるに、「KVの小径誘導輪」と称される物は、少なくとも研究者やモデラーに広く認知されているものでは無いように思える。

● 模型的なこと

トランペッターの誘導輪とタミヤの誘導輪を比べてみると、外径は 1.5mm強ほど違うものの中央のハブカバーの大きさは両者ほぼ同じだ。
もし「写真からタミヤと同じ径の誘導輪を探す旅に身を置きたい」という場合には、この「外形とハブカバーのバランス」を念頭におくと良いかもしれないですね。私はしませんけど。

Tamitorump

なお上写真のトランペッター誘導輪は手近にあった「KV-1S」キットのものだけど、リブが太めで(テーパー処理がされていなくて)モサっとしてるなあ。KV-1Sをカリカリに組むならばこの辺も手を入れたいところ。それか、既報のように Miniarmの誘導輪を待つかですね。

|

奇天烈!T-34T

ロシアの模型系掲示板で見てちょっと唖然とした写真。

Nazo_t34t
[photo via panzer35.ru]

T-34ベースの戦車回収車「T-34Tなのだが、戦闘室上面が何やらゴチャっとしている。よく見ると、水平にぶった切った砲塔を搭載しているっっ!!!???

心を落ち着けて詳しく見ていこう。
ベース車体は、前端の横ビームが三角断面のように見え、また車体側面の手すりなどから T-34-85である可能性が高い。500mmワッフルを履き、ハーフ・スパイダーウェブ転輪を装着しているので、第183工場製だろうか。

戦闘室上に載っている「水平に切られた砲塔」は、よく見ると T-34-85のものではなく、T-34-76の所謂ピラジョーク(ピロシキ)砲塔だ。それを大体3分の1くらいの高さで水平に切断している。
砲塔(だった物)の上面は見えないが、おそらく全面が鉄板で塞がれていると思われ、乗員用のハッチとその基部が中央に設けられている。このハッチと基部は T-34Tでしばしば見られるように「エンジン室上面の点検ハッチとそのバルジ」を流用したものかもしれない。

さて、T-34-85の砲塔リングと T-34-76のそれとでは径が異なるので、この砲塔(だった物)を旋回させることは出来ないと思われる。砲塔(だった物)は3時方向を向いているが、この位置で溶接固定されている可能性が高そうだ。天板のハッチの開閉方向もそれを示唆しているように思える。

いや〜しかし何の為にこんな奇天烈な改造をしたんだろ。天板ハッチ位置に高さが欲しかったんだろうか。3時方向固定の砲塔も見ていて落ち着かない感じだけど、正面に向けると機関室に掛かる砲塔バスル部が邪魔なのかな。

いずれにせよ…最高だね!

|

幻のD-38試作戦車

少し前にホビーボスから84517:ソビエト D-38 砲兵戦車ってのが出ました。

D-38は、当初機銃しか装備していなかったBT-2の近代化策の一つとして「76mm PS-3戦車砲」を装備した新型砲塔の搭載を試みた車両。1932年1月に完成して試験が実施されたが、諸々の事情により正式採用には至らなかった。
砲塔はやはり同時期に試作されたT-26に搭載されたA-43砲塔と同じもので、部分プレス製のドーム型(逆馬蹄形)のタイプと、溶接製で八角形のタイプの2種類の砲塔が製造された。今回キット化されたのは八角形のタイプ。

D-38の八角形砲塔は写真が2枚知られていて、それは下の2枚。左の、斜め前からの写真はホビーボス・キットの箱絵の元にもなっている。

Btd38_01

ところがっ!である。私も最近まで知らなかったんだけど、この写真には問題があるのです。まずは下の写真。

Btd38_02

D-38とBT-2だけど、車体の状態、履帯の位置、地面に落ちる影等々、どう見ても同じ(画像の横方向の圧縮比が若干異なっているが)。
このD-38写真は、BT-2の砲塔部分をすげ替えたものだった(!)らしいのですよ。

で、砲塔はというと下写真のようにT-26に搭載されたA-43砲塔の写真から持って来ている模様。

Btd38_03

そう思って写真を見直すと、D-38の方は車体と砲塔のパースにやや違和感があるし、砲塔後半部がやけに高くなっている。また、T-26に搭載されたA-43砲塔では砲身の影が車体に落ちているのに、D-38ではそれが無いのも不自然かなと。

ではD-38の横方向から写したもう一枚の写真はどうかというと…

Btd38_04

このように、やはり車体はBT-2の写真から、砲塔はT-26に搭載されたA-43砲塔の写真から持って来て合体させたものなのでした。
ということはつまり、D-38の八角形砲塔の実際の姿は今のところ明らかになっていない(!)んじゃないだろうか。ええ〜!

T-26に搭載されたA-43砲塔の方の写真は実際に撮影されたものだし、他にも写真が残っている。一方、D-38もプロジェクト自体の記録は残っているので、実際に製造はされたとは思うけれど、その真の姿は現時点では幻になってしまったわけですね。

なお、これらの「修正写真」はフォトショップ等で最近作られたものでは無く、少なくとも50年位前の書物には既に存在しているのだそう。車両製作当時の記録用か、戦後間もない頃の教材用に作られた…とかなのかな。

(掲載写真は全てアルマダ刊『BT戦車』より)

|

T-100-X-Y-Z

トランペッターの「T-100車台に130mm B-13海軍砲を搭載した試作・要塞破壊用自走砲」キットの予約が始まりましたな。
…って何故こんな回りくどい言い方をするかというと、当キットは製品名が【09589:1/35 ソビエト軍 Su-100U重駆逐戦車】と発表されているんだけど、「Su-100U?…Uって何だよ!Uって!あと最初のSuの方のuは何で小文字なんだよ!」と突っ込みたくなるからでして。

ソ-芬戦争中の1939年末、T-100車台をベースに、主にトーチカ破壊を目的とした車両の開発が計画された。
まず初めに、T-100車台に固定式の戦闘室を設けて130mm B-13海軍砲を搭載した自走砲が計画されТ-100-Xと呼ばれた。これは設計図面止まりだった。
このТ-100-Xの戦闘室を生産簡略化したものがSU-100-Y(T-100-Y)で、1940年3月までに1両が実際に製造された。
一方、自走砲型に加えて戦車型のТ-100も近代化が模索され、新型主砲塔に152mm M-10榴弾砲を搭載したТ-100-Zが計画された。砲塔自体は完成したが、152mm M-10の搭載車としては既にKV-2が採用されていた為、Т-100車台に搭載することは無かったとされる。

T100_xyz
(画像は『ブローニェコレクツィア誌 01-2002』より再構成)

これら試作自走砲シリーズのインデックス末尾のX, Y, Zは、ロシアキリル文字ではなくローマ字アルファベットの「エックス,ワイ,ゼットであり、ロシア語での表記と読みは以下のようになる。

・Т-100-X:テーストーイクス
・СУ-100-Y(Т-100-Y):スーストーイグリク(テーストーイグリク)
・Т-100-Z:テーストーゼット

このうちSU-100-Yについては末尾の「Y(ワイ)」がキリル文字の「У(ウー)」と誤認されて「SU-100Uと英訳転写されることが、ままある。が、記したように「Y」は「ワイ」なのでこれは誤りだ。

トランペッターはカタログ掲載時から「Su-100Uと表記していたが、結局誤った表記のまま発売されてしまうのね…。川上のメーカーが間違えると、川下の代理店も、小売店も、模型誌も、訂正すること無くその表記のまま紹介するので、結果、誤表記が一気に広まってしまうんだよな。困ったもんです。

なお、トランペッターはТ-100(76mm L-10装備)】【SU-100-Y】の他Т-100-Z】もキット化予定だけど、カタログ写真ではТ-100(76mm L-11装備)の写真がТ-100-Z】として使用されていて不安になる。

ちなみに、搭載されなかったТ-100-Z】の砲塔はレニングラード地区でトーチカ用砲塔として使用されたとされ、不鮮明な写真が残されている。

T100z

|

新たなT-34の残骸

T-34の新たな残骸が出土したようです。場所はロシア・ベルゴロド州・シェベキノ地区のヤブロチコヴォ村だそう。何処?
下記リンクに動画があります。
https://www.youtube.com/watch?v=Z6WWRGwaeOE

L2ks_01
(画像は上記動画からの切り出し)

砲塔はF-32装備の旧タイプで、破損しており、同時に見つかった車体等もさらにバラバラな状態のようです。
砲塔側面前部には有名なЛ2-КС(L2-KS)」の文字と赤星があり、第47戦車旅団の所属車と推定される模様。側面後部には"АРТЕМ"(アルチョーム)」という人名文字。これも同部隊の車両に見られる仕様。写真が残る同仕様の車両写真から、STZ生産車の可能性が高そう。砲駐退器カバーの下面中央に接合部があるし。

L2ks_02

なかなか貴重なサンプルで適切な状態での保存が望まれるところですが、最近のロシアでは他の車両残骸をかき集めて「フランケンシュタイン的」再生を行う例が多いからなぁ。ちょっと心配。

|

KV重戦車のフェンダーについて(5)フェンダーの構造

▪️ KV重戦車のフェンダーの基本形は、【A:長方形の鉄板とそれを補強する左右のL字レール部品からなる本体】と、【B:フェンダー裏側中央を走る補強レール部品】、そして【C:フェンダーを固定するステイ】から構成される(画像再掲)。
Kv_fender_01_20201031225801

▪️ フェンダーは前中後に3分割されており、それぞれのユニットは前から2番目及び4番目のフェンダーステイ(三角形補強板の底辺左右にボルト接続板がある)の位置で接続しているが、ユニット相互の溶接接合は為されていないと思われる。
上の元イラストでは フェンダー外側の補強レール」「 車体側のレール」とも、継ぎ目の無い一本レールで描かれているが、実際にはユニット毎に3分割されており、継ぎ目がある(赤楕円部分)。

▪️ フェンダー本体のフェンダーステイへの固定には「ボルト&ナット」が用いられ、フェンダー裏側からボルトを差し込み、フェンダーステイの穴を通して丸ワッシャーを介し、ナットで固定している。

Kv_fender_02

▪️ フェンダー裏側中央の補強レール」は、基本的には前から後ろまで継ぎ目の無い一本のレールだと思われる。

Kv_fender_03

フェンダー中央の補強レールはフェンダー本体へは溶接固定されておらず、本体をフェンダーステイに取り付ける際の「ボルト&ナット」を用い、フェンダー本体を挟む格好で一緒に固定される。

下写真ではフェンダーがめくれ上がっているのでステイへの取付部を裏側から観察できる。上から3番目のボルト(赤矢印)で固定されていた補強レールが外れ、全体的に下方にズレた状態。溶接固定はされていない。

Kv_fender_04

Kv_fender_05

また、下は元アバディーン戦車博物館の車両で、奥から3番目の取付ナットから突出しているネジ先が、補強レールを介した分だけ他より低くなっているのが判る。

Kv_fender_06

▪️ 車体側のレール」については、車体自体には固定されていないように見受けられる。撃破されてフェンダーが脱落した車両やレストア中の現存車両写真を観察しても、車体側にフェンダーを固定する為の、例えばフランジとかボルト穴のような構造や溶接跡の類は確認できない。
前部の誘導輪周辺で側板を介して車体とリベット接合されている以外は、フェンダーは本体から独立しており、言わば片持ちのフェンダーステイから懸架されているだけの状態だと思われる。

Kv_fender_07

Kv_fender_08

▪️ なお 車体側のレール」は、 フェンダー外側の補強レール」及び フェンダー中央の補強レール」に比べて、幅・高さ共にやや広くなっている。

Kv_fender_09

Kv_fender_10

KVのフェンダーが簡素かつ独立した構造なのは、破損した際の修理の容易さを意図した為だろう。
起動輪が後部に配置されるリアドライブ式では、走行中に何らかの理由で履帯が切断された場合、起動輪によって繰り出されたものの張力を失った履帯が滞留し、しばしばフェンダーを巻き込み破壊するに至った。が、この様な場合でも新規フェンダーユニットへの換装は比較的容易だったと思われる。

Kv_fender_11

◎ 模型的には、KVのフェンダーは面積も広く車両に占める割合が大きいので、工作上の見せ場と言えるでしょう。
例えばフェンダーがダメージを受けて撤去された状態にする際には、上記の構造的特徴などを踏まえつつ工作を施すと説得力が増すのではないかと。即ち「フェンダーの接続は2番目及び4番目のフェンダーステイの位置」「車体側のレールはやや幅広で、車体自体には固定されていない」などなど。

KV重戦車のフェンダーについて(了)

|

より以前の記事一覧