ヨモヤマ

ゲルマン

スーパーで山積みになっていたので買ってみました。ドイツ銘菓【ゲルマン】。
各部のドイツ語表記がゲルマンっぽい。

German


|

「バベルの塔」展のチケット

Bavel

 母親が「こんなのあったよ」と見せたチケット。お、何じゃ何じゃ、来月からやるブリューゲル「バベルの塔」展のチケットじゃないか?新聞屋にでも貰ったのか?…と思ったら、前回来日した時のチケットの半券でした…。

ピーテル・ブリューゲル1世の「バベルの塔」(オランダ・ボイマンス美術館所蔵の方)は、今回、1993年以来24年ぶり2度目の来日だそうで。前回は池袋の「セゾン美術館」でしたね。というか「24年ぶり」というその事実に軽く目眩がします。もう24年も経ったんかいっ…。

来月4月18日から東京都美術館で開催されるボイマンス美術館所蔵 ブリューゲル「バベルの塔」展は上野「東京都美術館」での開催。
たぶん「東京都美術館ダンジョン」の最奥の間で展示されるでしょうけど、教科書掲載レベルの有名な絵なので、これはもう間違いなく激混み必至。入館はもちろん、たぶんフェルメール展の『真珠の耳飾りの少女』の時みたいに、館内でも行列を作らされるんじゃないかなと。

おまけに、「バベルの塔」って細部まで書き込まれてるから大きい絵というイメージですが、割とサイズが小さいんですよ(59.9 × 74.6cm)。混雑だとそう近づけないし、細部を観察したい人はモノキュラー等を持参した方が良いでしょう。
ちなみに 24年前にセゾン美術館でやった時は、何故か割と空いてた記憶が。母親にも聞いたところ同じ意見でした。

今回ワタシは、人数限定(200名)の特別鑑賞会「プレミアムナイト鑑賞会券」ってヤツを予約してみました。「観覧券の他に図録もしくは所定のグッズ、展覧会担当学芸員による事前レクチャーや鑑賞後のお飲み物がセット」なのだそうで、実質は 1,000円プラス位な感じでしょうか。お飲み物って何だろ?水道水?
あとは当日行けるように調整するのみですな。

|

秋葉巡回・2017.03.25

■ 消耗品(真鍮線とかプラ板とか)を買うべく、久々の秋葉巡回。

■ まず神保町から攻めて、その後、靖国通りを東進。神田まつや(蕎麦)の前の桃の花も満開。春だ。

■ まつやで蕎麦をたぐろうか…とも思いつつ、混んでそうなので【フレッシュネスバーガー 神田須田町店】で、アボカドバーガー&ホットコーヒー。春関係無い。

■ ラジオ会館を見て回ったら、しばらく市場で見掛けなかった【ハンブロール】が復活してましたね。ハンブロールの接着剤【リキッドポリ】も在庫になっていて一安心。私とか、もうリキッドポリの匂いを嗅ぎながらじゃないと模型が作れない体質なので…。

■ イエサブに、タミヤから発売予定の【35352:イギリス歩兵戦車 バレンタインMk. II/IV】の完成見本が展示されてました。塗装済みだったのでキットの素性はイマイチ判りづらかったですが、タミヤらしいカッチリした仕上がりになっている模様。

タミヤのバレンタインは誘導輪が2種類(楕円の凹みがあるタイプと、ただの皿形のタイプ)入ってるみたいですね。AFVクラブのMk. IVには後者タイプしか入ってなかったので、これは嬉しいポイント。ちなみにソ連軍のバレンタインでは両方のタイプ共に装着が見られるので、お好みで使用するが吉。

■ なお、連軍レンドリースのバレンタインとか書くと長過ぎるので、本ブログでもソレンタインと呼びたいと思いますのでよろしゃっす(よろしくお願いします)。

Matsuya

|

『それ町』最終巻 購入

それでも町は廻っている(石黒 正数 著・ヤングキングコミックス)の16巻(最終巻)、発売翌日に秋葉の COMIC ZINまで出っ張ってって買いました。
最終巻も面白かった。エピローグも良かったね。

同時発売のそれでも町は廻っている 公式ガイドブック 回覧板の方も購入。これもまた読み応えがあって良いです。単行本未収録の話が掲載されているのもグー。

しかし『それ町』も終わっちゃったかー。楽しみがひとつ減ってしまった…。

Soremachi16


|

十川俊一郎さんの訃報

十川俊一郎さんが亡くなられたとの報に接し、ここ数日、何とも言えない喪失感が胸に去来しています。
十川さんは、言わずと知れた模型サークル『カンプグルッペジーベン』の元代表であり、70年代のAFV模型ブームの、その先頭に存在していた方でした。

AFV模型ブーム以降に数多く誕生した「模型サークル」は、カンプグルッペジーベンを雛形としている部分があったと思うし、『AFVの会』は全国に広がって現在まで続いており、もはやそれの無いAFV模型シーンは考えられないでしょう。
また、80年代以降は広く模型趣味の楽しさを伝える活動に注力されていたと承知しております。

中学〜高校時分の私にとっては、まさに神様みたいな存在だったし、当時、カンプグルッペジーベンの諸作品に影響されなかったら、こんなにAFV模型趣味にハマらなかったんじゃないかと思います。

謹んで心からご冥福をお祈り致します。
ありがとうございました。

|

ロブスター

クリスマスの売れ残りで半額だった(笑)ロブスターを茹でる。造形的にカッコイイー。

『未来少年コナン』第7話で、ダイス船長がロブスターを殻ごとバリバリ食べるのが印象的で、一種憧れなんですが、無論そんな食べ方は無理。ザリガニだって無理。
パエリアを作ったので、その上にほぐし散らして食べました。なかなか美味い。正月っぽいしね。

Lobster


|

暮れの元気なご挨拶・2016

■ 部屋の掃除も終え、年越しの手配もあらかた付いたので、あとはスーパーに行って刺身を買ってくるだけ…と車に乗ったら、ブレーキ液警告灯が点灯している!んぎゃ!
エンジン点検ハッチ(←AFVモデラー的表現)を開けてブレーキフルードのリザーバ・タンクを確認したところ、「MIN」位置よりも更に下まで下がってるぅぅ。一昨日洗車した時は気が付かなかった…というかチェック漏れてた。駐車場のエンジン下のアスファルトにポツポツ染みがあったので、たぶんブレーキフルードが漏れてるなぁ。
今にして思えば、一昨日乗った時、確かにちょっとブレーキの踏み込みに違和感…という程では無いものの、何かいつもと違うような微妙な微妙な感覚は有った。

いずれにせよ自分でいじるのは危険なので要修理依頼だけど、正月だし、しばらく乗れないですねー。スーパーには歩いて行きましたよ。しかし何故【ギズモロ号】は年末になると問題が発生しますかっっ(泣)。

■ 古い機械は冬場に弱いですが、T-34の冬期運用マニュアルを読んでみたら、これがメチャクチャ面倒くさい。もう気が遠くなるくらい面倒くさい。こりゃコーシュキンも肺炎になるわ。それに比べれば…と思って自分を慰めたい。何の慰めにもならないけど。

■ 当ブログは 2007年の5月から始めたんですが、当初からGoogle等の検索サービスには引っ掛からないように設定してました。思うところあって今年の7月から検索にも掛かるように設定変更したので、いくぶん来訪される方も増えているようです。
AFV系ブログとしては製作記系の記事が極端に少ない当ブログですが、来年もゆるい感じでひとつよろしくお願い致します。

■ 完成係数アンダー30、執行対象です。執行モード、リーサル・エリミネーター。慎重に照準を定め対象を排除してください。

|

『この世界の片隅に』鑑賞

『この世界の片隅に』(監督:片渕須直・原作:こうの史代)鑑賞。

アニメーションは「世界を絵で描き起こす」作業によって成立するので、本来的にディテールを際立たせやすいものだと言える。
本作もそのディテール(考証を含む)は圧倒的だけど、ひとつひとつのディテールが尖っておらず、いわば「丸いディテール」になっていて、こうの史代の原作世界に溶け込み、それでいてなおガッチリと内側から補強しているのが秀逸ですね。そうして「この世界」が形作られている。あぁ、アニメーションならではだなぁと思いました。

|

もう12月って…

■ もう12月とか、ちょっと信じられないですね。

■ タミヤから【1/35 イギリス歩兵戦車 バレンタインMk.II/IV】だそうで。バレンタインというと英軍でもチョロっと使われたらしいけど、実質的にはソ連戦車ですね(暴言)。
ただまぁ、レンドリ者としては当然既にAFVクラブの決定版的キットを所有してるワケで(Mk.IIも Mk.IVも)、個人的には「ヤッター!」とか叫びながら野山を裸で駆け巡るほどでは、無い。
しかしながら「タミヤから出るなら作ってみっかね」と動く層というのも多いだろうし、裾野が広がるのは良い事でしょう。…という事にしておこう。

■ 模型メーカー各社の来年度カタログ情報がポツポツ出始めました。ZVEZDAは新金型オリジナルで【1/35:フェルディナント】とか出すようです。
あと、スター・ウォーズ【1/2700:インペリアル級 スター・デストロイヤー】は既にインストが出来ていますが、なかなか期待が持てる出来みたい。こりゃ買わねば。

Star_destroyer

■ 少し前の夜、近所を歩いていたところ、視界の端をふと横切る黒っぽい影が。「お、ニャーかにゃ?」と思って見ると、大きさは猫ぐらいながら、それよりもやや体長が長くスマートな動物が数匹、群れてじゃれ合いながらテトテト歩いている。で、こちらと目が合った刹那、鼻っ柱に一筋の白い線がクッキリと。うわー、ハクビシンだよ…。

ウチは一応東京の23区内なのだが、ハクビシンなんて初めて見ましたよ。こんな環境じゃ生き辛いだろうになぁ。

 

|

秋葉原の対戦車ライフル

■ 久々に秋葉に立ち寄り。ラジオ会館を上から攻める。新製品も色々出てたみたいだけど、売り切れも多く、個人的にピンと来るアイテムには出会えなかったかなー。

■ ラジオ会館の斜向い、AKIHABARAゲーマーズ本店の前を通りしな、そういえばPTRS1941が展示されてるとか言ってたよな…と思い出した。
これは、今季放送中のアニメ『終末のイゼッタ』に同銃をモチーフとした対戦車ライフルが登場するので、同店での「終末のイゼッタ展」に合わせて展示しているもの。Webで見たニュース記事には「レプリカ」と書かれているものもあったが、展示されていたのは PTRS1941の無可動実銃。

PTRS1941(シモノフ)PTRD1941(デグチャレフ)も、銃身部分が茶色(10円玉色というか)なんですよね。銃器関係には疎いので、素材的な事とかエイジングの問題とかはワカラナイんですが、ロシアに行った時に見た同銃たちも皆そうでした。でも模型ではあまり茶色に塗っている作例は見ないですね。

2009年の秋から放映されたアニメ『DARKER THAN BLACK -流星の双子-』では、ヒロインの蘇芳・パブリチェンコが体から PTRD1941を出してガンガン打ちまくってたんですが、この作画の PTRD1941はちゃんと銃身を茶色に塗っていて、「良しっ」とかつぶやいたものですよ(←エラそう)。

ゲマズでの PTRS1941の展示は12月4日(日)までらしいので、興味のある方は立ち寄ってみるのも吉かと。場所は4階です。
まぁ、とは言え、ゲマズ慣れしていない人は、あの萌えダンジョンを4階まで無事に登る事が出来るかどうかわかりませんが…。店内は体臭を消す為(?)の芳香剤の匂いが充満していて、マスクをしなければ5分で肺が腐るとか言われてたりしますからね…。

Ptrs_muzzle

|

より以前の記事一覧