ヨモヤマ

雁行

マンションの屋上に登って、給水管エア抜き弁の凍結による漏水状況(笑)を検分していたら、頭上を編隊飛行していく数十羽の鳥の集団が。マガンかな。

Magan

|

iPhone 8

iPhone 6S から iPhone 8 に機種変更。乗るしかない。このビッグウエーブに。

6S と 8 ってサイズも同じだし、同期しちゃうと「新機種を使ってるゼ!」…という感覚は乏しいかも。
とはいえ Touch IDの精度や速度などは確実に進化してますね。ストレスフリーだわ。

Iphone8

|

雪掻き

関東地方では22日昼前から雪となってそのまま夜半まで降り続いた。23日朝には20cm程の積雪に。
私は今期、居住マンション管理組合の役員をやらされてたりするので、今朝は7時前から共用部分の雪掻きヘルプ。踏み固められた雪を鉄スコップで砕き、雪掻き用スコップで積み上げる作業を黙々と。腹筋が痛いんですけど…。
ギズモロ号も埋没してました。

180123

|

秋葉原〜神保町巡回・2018.01.13

■ 先週の続きで巡回。いつもは神保町から攻めるんだけど今日は秋葉スタート。

■ 書泉ブックタワー,秋葉原ラジオ会館,COMIC ZIN 秋葉原店等々を順次巡航。買い漏らしていた大砲とスタンプ(速水 螺旋人・モーニング KC)7巻。山と食欲と私(信濃川 日出雄・BUNCH COMICS)6巻を購入。

180113

■ ラジオ会館では模型用の工具とか塗料とかも見るんだけど、何だかあれこれ色々と出過ぎてて良くワカンナイわ(^^;)。もう、爪切りとプラカラーじゃダメなのっ!?

■ その後、神保町に向かう道すがらクア・アイナ 神田駿河台店でチーズバーガーセットなど。

■ 神保町〜水道橋〜東京ドームシティ・ラクーアをそぞろ歩き。ラクーアのジェットコースターって、アレ、乗ってみたいな…。

● アニメ『だがしかし』で、店内背景の棚に模型が積んであると、目がバババッと品揃えをチェックしちゃうよね(←モデラーあるある)。

|

神保町〜秋葉巡回・2018.01.06

2018年最初の巡回とか。

■ 神保町「書泉グランデ」でソラリス(スタニスワフ・レム 著,沼野充義 訳・ハヤカワ文庫SF)を購入。その後「三省堂書店」と「文房堂」をチラッと。

■ 秋葉原への道すがら、神田小川町の「ドトールコーヒーショップ」で小休止。レタスドッグ&ホットコーヒー。最近あちこちでホットドッグばかり食べてます。戌年だから?

■ コーヒーを飲みながら、今日届いたロシアの兵器雑誌チェーフニカ イ ヴァアルジェーニエ(技術と兵器)誌 2017/12号を眺めたり。

■ 秋葉原ではラジオ会館を上から掃討。最近は新製品が多くてチェックも大変だよねー。ドラゴン【IV号駆逐戦車 L/48】の車体戦闘室&エンジンデッキのパーツを購入。いや、何となく。

180106


■ …とここまで来て、だいぶ時間が押している事に気付く。夕方までに帰宅せねばならなかったので急ぎ撤収。買いそびれたブツもあるけどまた後日…。

-------------------------------------------------

■ Miniartのカタログが公開されM3中戦車シリーズの全貌が明らかに。

ご承知のようにM3中戦車は実質的にはソ連戦車なワケですが(暴言)、ソ連軍では(いわゆる)初期型・中期型・後期型のいずれも使用されているので迷うところです。私は TAKOMの後期型を買おうかと思ってたので、やはり後期型にしようかな。
今年のカタログには載ってなかったけど、鋳造車体の「M3A1」や「グラント CDL」、何なら「M3A1 CDL」あたりも出して来ると思うな。

■ あとSU-122-54シリーズも、あの「メカ・ガメラ」みたいな顔つきがカッコ良く好きな車両なので嬉しい。1/35では今までロシア製のレジンキットくらいしか無かったんじゃ?

■ レジンキットの MiniarmからはT-55AD用の改造パーツが出る模様。アクティブ防護システム「ドロースト」周りということになりますが、これも激しく気になります。
T-55シリーズは特に作る予定も無かったんだけど、T-55ADとなると心が揺さぶられますよ。ただ、Miniartがバリエーションで出しちゃう可能性も否定出来ないんだよなー。

|

2017年の大晦日

■ 大晦日。東京でも場所によっては初雪が舞ったみたい。部屋の掃除をして、スーパーに最終買い出し。正月用の食品は高いよな〜。

■ 本屋で、買いのがしていた恋は光』(秋★枝 著・ヤングジャンプコミックス)の7巻(最終巻)と、母親用に舟を編む』(雲田 はるこ,三浦 しをん・KCx)の下巻(最終巻)を購入。両者とも「遂に完結」繋がり。

171231


■ NHK Eテレの『100分de名著』、12月はスタニスワフ・レムのソラリスだった。

録画ガッツリ、テキストも購入してあったので正月休みに観よう!…と楽しみにしていたんだけど、番組で扱うのは、ハヤカワ文庫SF・飯田規和 訳の『ソラリスの陽のもとに』ではなく、2004年に国書刊行会から発行され 2015年にハヤカワ文庫SFに入った、沼野充義 訳の『ソラリス』の方なのでした。

というか、新訳が出てたとは迂闊にも知らなかったワ…。『ソラリスの陽のもとに』がロシア語版からの翻訳であったのに対し、新訳の『ソラリス』はポーランド語原典からの直訳なのだそう。

『100分de名著』の番組指南役も『ソラリス』訳者の沼野充義氏なので、早速買わなきゃ…と思ったのだが、自宅周辺の書店には置いて無かったか売り切れか。青背自体、元々あまり置いてないんだけど。まぁ急ぐ旅でも無いんで、年明けてから神保町にでも行くかー。

■ 今日は曇り空だったけど、昨日の夕方は快晴で、我が家の辺りからも富士山がクッキリと見えました。静岡がオレを呼んでいるッ!

171230

|

ミンスカヤ駅

先日『ロシアゴスキー(Eテレのロシア語講座番組)』でモスクワの地下鉄を紹介していたんですが、今年3月に開業したミンスカヤ駅の様子が写った時には「ぐはっ」と思わず変な声が出ました(同番組よりキャプチャ)。

Minskaya


ホームの柱に描かれた見覚えのある模様は、言わずと知れた T-34の 500mm履帯の踏面ワッフルパターンですよ。それと何やら機関車の車輪らしきもの。
その他、構内の様子はこちら→(Google map)。

いったい「ミンスカヤ駅」ってのは何処にあるんじゃ?と調べたら、カリーニンスコ=ソンツェフスカヤ線の駅で、ポクロンナヤの丘の勝利公園の西側。というか「勝利公園駅」の次が「ミンスカヤ駅」のようです。

つまり T-34の履帯模様は勝利公園の展示物に由来するものでしょう。ということは「機関車の車輪らしきもの」は、同公園に鎮座している「TM-3-12 305mm列車砲」なのですね。下画像のヤツです(Wikimedia Commons)。

Tm312


いやコレ、モスクワっ子でも興味ない人には何だか判らないんじゃないかなー?

|

L.L.Bean【グローサリー・トート】

L.L.Beanの定番「ボート・アンド・トート・バッグ」を購入したのは、新卒で入社して間もなくの頃。会社帰りに同期の友人と上野のアメ横へ行って並行輸入品を買いました。値段は確か当時 3,500円くらいだったかなぁ。
とにかく頑丈なので色んなシーンで活用して、近年は『May-Q同盟』の静岡備品入れとして(^^;)、静岡に持って行くなど現役ですよ。

そんな L.L.Beanのラインナップにグローサリー・トートというのがありまして。
「グローサリー」は食料品の事なので、食料品用トート、要はいわゆる「エコバッグ」的なモノですね。スーパーで買い込んだ食材を詰めて肩掛けで運搬するみたいな。「生成り」のものが以前からあったんですが、今年の新色で「ネービー」が発売されたので、ついポチッとしてしまいました。

Grocery_tote_01


綿100%製で、11オンス。良くある(例えば雑誌の付録のような)エコバッグ的なものに比べ、生地にずっと厚みが有ります。各部の構成はトート・バッグに準じているので重量物の運搬でもビリビリっと破けたりする事は無いでしょう。ただし、トート・バッグのように中身が入っていない状態での自立はせず、あくまで「コンパクトに畳んで携帯し、必要時に取出して運搬に使用する」という使い方を想定したアイテムですね。

サイズは「高さ37 x 幅45 x 奥行き17cm」で、一般家庭2〜3日分くらいの食材なら楽々入りそう。モデラー的な尺度では、ドラゴンの標準的大きさのキットの箱が2つ楽々入って、まだ左右&上部に余裕があるって感じですね。

Grocery_tote_02


本体には「L.L.Bean」の文字がグリーンの刺繍で入っており(片面のみ)、これはもうトート・バッグ界隈では最強でしょう。ガシガシ使いたい所存。

|

ザリガニフェスティバル 2017

今年も IKEAで「ザリガニフェスティバルを開催中!とのことで、IKEA 新三郷店まで。

今回は、昨年も食した「ザリガニパエリア」と、ザリガニの塩茹で単品3匹の「ザリガニプレート」を注文。都合5匹を堪能。

新商品で、トウモロコシ、ジャガイモ、ソーセージと一緒に煮込まれた「ザリガニ・ケイジャンスタイル」にも惹かれたけど今回は見送り。開催は明日までなのでまた来年だなー。今年はちょっと出遅れました。

食後、台所関連の小物を幾つか購入。

Zari_2017

|

丸善 池袋店

所用で池袋。んで、ついでに「ジュンク堂書店 池袋本店」に寄って新刊本や模型誌をチェックしたり。
ところで、ジュンク堂書店に行く度に「今晩わぁ〜ジュンクです」と桜田淳子の声真似が頭の中でするのを止めたいんですが、どうしたら良いでしょうか。

その後、歩いているといきなり電車の「頭」だけが眼に入る。最近オープンした丸善 池袋店の店頭ディスプレーで、京急系と西武系車両の実物フェイスだそうな。店内には東急系もあった。カフェも併設されていてなかなかにオサレだけど、でもまぁわざわざココでお茶はしないかなぁ…。店内は、まぁ「丸善」って感じ。

Maruzen

|

より以前の記事一覧