ソレマチ

ソ連軍のマチルダは何色だったのか?(2)

刮目せよっ!今、明らかになる、レンドリース・マチルダ&バレンタイン塗色の現実(リアル)に!
…というわけで今回は、レンドリース・マチルダ&バレンタインの塗色を確認出来る個体サンプルについてご紹介。

-----------------------------------------

下リンクは、2013年にヴォロネジの北西、テルブンスキー地区にて発見されたレンドリース・マチルダの車体前面鼻部の残骸。画像はリンク先の動画よりキャプチャ。
http://gorod48.ru/news/160738/
http://gorod48.ru/news/159806/

Green_mati

この車両は、第11戦車軍団・第3旅団の車両で、1942年7月にドイツ軍に対して攻撃中に湿地帯に嵌ってしまったらしい。

ご覧のように塗色はグリーン系である。むろん退色しているであろうから色調について断定的な事は言えないが、黄色味の強い、比較的明るめの緑のように見える
残された銘板の地色にもグリーンの塗色が残っているのに注意。また車体前面鼻部左右の、収納ロッカー内部にあたる部分にも車体色が塗られているのが興味深い。

銘板から、この車両は 1942年2月に生産されたMATILDA IV CSで、「WD No. T37173」「MAKERS No. 274」と判明している。
その後、履帯(T.D.5910履帯)や砲弾などの一部は揚がったが、他の車体部分や砲塔は残念ながら発見に至らなかった様子。

塗色とは直接関係はないが、「T37173」という WD No.(War Department number)を生産リストと照らし合わせると、この車両は「ロンドン・ミッドランド・アンド・スコティッシュ鉄道(London, Midland and Scottish Railway, LMS)」製ということになっている。

-----------------------------------------

下リンクは、オタワのカナダ戦争博物館に収蔵されているバレンタインで、車体前端が一体鋳造式であることから判るように、カナディアン・パシフィック社製の【バレンタイン Mk VII
http://www.dishmodels.ru/wshow.htm?p=2737

この車両はカナダで生産された後、レンドリースでソ連に渡った車両で、1944年1月25日、ウクライナのチェルカッシー近郊にて氷結した河川を渡河中に誤って水没したとされている。1990年になって引き揚げられ、その後 1992年のウクライナ独立後にカナダの戦争博物館に里帰り寄贈された。

引き揚げ時のまま再塗装はされておらず、車体に残った塗色を(薄らとマーキングも)観察できる貴重なサンプルで、車体色はグリーン。こちらも退色してはいるだろうが、やはり黄色味の強い、比較的明るめの緑のように見える。

本題とは離れるが、踏面に極小のスパイクがある履帯リンクが興味深い。

|

ソ連軍のマチルダは何色だったのか?(1)

ちょいと多忙でなかなか更新出来ない為、ネタを小出しにしてご機嫌を伺わせていただきます(^^;)。

「ソ連軍のマチルダは緑色に塗られていた」ということの傍証として、Imperial War Museum(英・帝国戦争博物館)収蔵の絵画コレクションから、絵画に描かれたマチルダをご紹介。

■『Loading Tanks for Russia』Leslie Cole:1941

https://artuk.org/discover/artworks/loading-tanks-for-russia-6786/

Leslie Coleという画家が 1941年に描いた作品。ソ連に送る為に貨物船に積み込み中のマチルダで、車体は緑色に描かれています。
よく見ると、吊り上げられた車両の車体側面には渡渉限界を示すラインが赤で描かれており、また手前の車両の車体には注意書きの文字が白で描かれているのが見て取れます。

■『Loading Tanks for Russia II』Leslie Cole:1942

https://artuk.org/discover/artworks/loading-tanks-for-russia-ii-6794/

こちらは 1942年の作品で、貨物船の船倉に固定作業中と思しきマチルダ。やはり車体は緑色で描かれています。
注意書きの白い文字も見えます。面白いのが登録番号(T-XXXXX)で、赤文字で描かれていますね。

ちょっと外れますが、操縦手ハッチや砲塔の上に置かれた木材が興味深い。何でしょうねコレ。ハッチ開口部周辺をガードしているので、或いはペリスコープの破損を防ぐ為の措置かも(ペリスコープは装着されたまま送られたようなので)?
輸送運搬時には砲塔右側面の煙幕発射筒は外され、前部フェンダー上の予備履帯や工具類も外されますが、これらも規定通り。

■『Lowering a Tank for Russia into the Hold』Leslie Cole:1942

http://www.iwm.org.uk/collections/item/object/5264

貨物船の船倉に吊り降ろし作業中のマチルダを描いたもので、車体色はこちらも緑。渡渉限界線は赤で描かれています。
この絵では「主砲&防楯周りが黒く塗られている」のに注目。これは防水の為にゴム系塗料でシーリングされた状態を表現したものでしょう。輸送運搬時には実際にこの処理が為されています。

いずれも、実際にその目で見て描いたんじゃないかと思わせるようなディテールが表現されており、緑色で描かれた車体色についても、ある程度の信憑性を感じさせます。
もちろん一方で、「撮影されたモノクロ写真を基にして、想像で描いたんじゃないの?」という切り捨て方も出来るでしょう。その辺は各自のご判断で。

|

ソ連軍のマチルダを作る(タミヤが)!

今月1日からドイツ・ニュールンベルクにて開催中の「シュピールヴァーレンメッセ・2017」にて、タミヤが新製品35355:歩兵戦車マチルダMk.III/IV “ソビエト軍" を発表しました。
やー驚いた。【35352:イギリス歩兵戦車 バレンタインMk.II/IV】が赤軍レンドリース仕様のマーキング入り…という流れはあったにせよ、ここへ来てまさかのソレマチとは。
まぁマチルダというと英軍でもチョロっと使われたらしいけど、皆さんご承知のように実質的にはソ連戦車ですからね(暴言)。

展示パネルのパーツ図を見ると、新規パーツは側面装甲板(サイドスカート&排土傾斜部)」「スリット廃止型の工具ロッカー蓋」「履帯スキッドレール」「T.D.5910 後期型履帯」「フィギュアといったあたりで、後期仕様の特徴は当然ながらキチンと押さえられてます。
サイドスカートは、転輪点検用小ハッチのヒンジが下ヒンジのゴツいタイプになってて、以前出ていた仕様をそのまま使っても誤りではないにもかかわらず、新規パーツを起こしてくれたのが喜ばしいところ。

T.D.5910履帯は先に発売された【35300:イギリス歩兵戦車 マチルダMk.III/IV】と同様の部分連結式で 、普通に組む分には適した態様でしょう。可動にしたいならば他社製の連結履帯という選択肢も今ならあるし。 (*1)
(*1) 正式リリース情報によると、履帯は「スナップ連結による組立式」とのことで、部分連結式ではなく「各個連結式」のようです。バリュー感がアップですね。
http://www.tamiya.com/japan/products/35355/index.htm

【MM 35300】キットの方にオマケパーツとして入っていた「CS用 3インチ榴弾砲砲身」「低いタイプのキューポラ」はそのまま【MM 35352】にも付属するでしょう。同パーツはむしろこのソ連軍仕様でこそ本領を発揮するパーツなので、活用してキットの魅力もアップです。
また、後期仕様が出るということで、例えば「オーストラリア軍仕様」等にも作りやすくなりますな。

しかし、パーツ図を見てると何だか「後期仕様にするための改造パーツ」みたいな感覚になりますねー。これだけパッケージングされてても欲しい感じ。

一瞬ドキッとしたというか懸念したのが、展示された試作見本が「茶色く」見えたこと。
もし本当に茶色に塗っちゃってたりしたら「タミヤ…やっちまったな…」って感じだったんですが、これはどうも展示用の照明が暖色系のために色調がダークアースっぽく見えていたようで、TAMIYA USAにアップされた方の画像では、ちゃんと緑系に塗られていて一安心です。

何故か最近、みしりん掲示板等で「レンドリースでソ連に行った英軍車両はダークアースに塗られていた説」を主張する人が居るんですが、いや、基本はグリーン系ですから
この辺のことは次回に書いてみる予定。

下は 1942年の年賀カード。背景の車両は紛れも無く、冬期迷彩されたマチルダで、カードに書かれた赤文字は「前線から新年の挨拶!」です。前線から家族宛用のカードでしょうか。
最初のレンドリース戦車がロシアのアルハンゲリスク港に到着したのが 1941年10月11日。それから 1941年末までに 180両ほどのマチルダがソ連に渡っていますが、二ヶ月後の年賀カードに早くも登場しているのってのがちょっと驚き。

Mati01

|

ソ連軍のマチルダを作る: 続・側面装甲板(その2)

ふむふむ。東京スカイツリーの根元に出来た商業施設は「東京ソラマチ」というのか…。「ソラマチ…?」「ソ…レ?マ…チ」な…何か重要なことを忘れているような…!だが思い出せない…ッッッッ!

というわけで、2010/11/30記事の追加情報です。

側面装甲板のバリエーションのうち、【◎6:前半部装甲板・最前開口部の張り出しはそのままだが、後半部装甲板・最後部の基部用張り出しが加工省略され、開口部がその分拡大されたタイプ。◎4の逆パターンでかなり稀な例】(←長いよ)の写真がHDの奥の方にあったのでご呈示。英本土の港湾施設に於ける撮影のようです。

Bp1

Bp2


|

ソ連軍のマチルダを作る:Echelon Fine Details 【Soviet Lend-Lease Matildas】

Echelon Fine Details からソレマチ用デカールセット【ALT352018:Soviet Lend-Lease Matildas】が出たので、早速引いてみました。(※画像は同社サイトより引用)

Alt352018setソレマチをはじめ、レンドリースでソ連に送られた車輌は、その送られた「素」の状態に近いまま運用されているものが殆どでした。
米・英軍使用の車輌にしばしば見られる、乗員や部隊による小改造などは、ソ連軍運用の車輌ではまず見掛けません。また乗員の個人装備品等も目立ちませんね。
見方によっては「人間味的な部分が少なくて寂しい」とも言えますが、個人的にはこの無機質さというか「剥き身感」がレンドリース車輌の魅力のひとつであると思っています。

ハード的には無機質なレンドリース車輌ですが、しかしマーキングに関しては結構にぎやか。
ソ連軍によって書かれた砲塔番号やスローガン等もそうですが、送り主の米・英軍によって車体各部に書き込まれたコーション・ステンシル類は、何よりそれがレンドリース車輌であることを示す証左ともなっています。
言ってみれば、レンドリース車両の模型について考えることは、即ちそのマーキングについて考えることであるとも言えましょう。

さて、Echelonの【Soviet Lend-Lease Matildas】

13.5cm x 12.5cm 程の台紙に、ソレマチがフルで7両分。車体側面の赤線をデカールではなく塗装で再現するなどしてやり繰りするならば、更に5両分増え、トータル12両の中から選択して再現可能となります。
12両って…。ちょっと詰め込みすぎだよ、にぃに。

英軍によって書き込まれたコーション・ステンシル類はよく考証されており、書体など実際のもの通り。
特に、渡渉時用のコーションサイン「Fording height」は、実車では数種の書体が確認出来るんですが、そのうちの3種を再現してあります。やるじゃん。なかなか。

これらコーションサイン類は、大凡の記載位置は決まっていましたが、車輌(及び時期?)によって結構バラつきがあります。付属の解説シートではその車輌ごとの実際の記載位置も図示されています。
この解説シートに載っている側面図では、当ブログでも取り上げた車体側面開口部の形状や、サスペンション点検ハッチのヒンジ、ターレットリング・ガードなども描き分けられており、なかなか資料性が高いですね。ただ、キューポラの高さなどは全部一緒だったりと大雑把な面も。

いずれにせよ、デカール記載のこれら特定車輌を再現するならば、実車の状態をそれなりに把握していないとキビシイかも。
例えば砲塔番号「11-96」号車は「下駄履きタイプの履帯」を装着しているんですが、その辺はデカール付属の解説シートだけでは判りません。まぁその辺は本セットに限らず全てのデカールシートに言えることですが。

ともあれ、全体にかなり考証が行き届いており、良好な出来。デカールの印刷もアメリカの Microscale なので問題なし。綺麗です。
先に書いたようにデカール量が多く、ぶっちゃけかなり余りますが、コーション・ステンシル&サイン類は「歩兵戦車 Mk.III バレンタイン
など他のレンドリース車輌にも流用可能なので、レンドリース車輌に興味があるならば、まず押さえておいても良いと思います。

私、マーキング類は自作デカールを作成するつもりでコニコニと作業もしてたんですが、コレを使ってみてもまぁいいかもなー。

|

ソ連軍のマチルダを作る: 続・側面装甲板

2009/9/17記事の続編です。

上記記事では、上部転輪がスキッドレールに変更されたことに伴う、側面装甲板の変遷を簡単にまとめました。

その中の【◎4:前半部装甲板の最前開口部にあった基部用の張り出しが加工省略され、開口部はその分拡大されたが、後半部装甲板の最後部の張り出しはそのまま】というタイプについて、「逆のパターン(前半部の張り出しがそのままで、後半部の張り出しが加工省略されたパターン)は現在まで未見」と記したんですが、その「逆のパターン」の車両写真が出てきました。

Machie

ドイツ軍によって撃破されたソレマチ。冬を越した車両で、車体前部には冬期迷彩が残っています。
赤丸で囲った部分が問題の箇所で、
最前開口部の張り出しはそのままですが、最後開口部の張り出しの方は、既に廃止されています。
うーむ。手持ちの画像をもう一度チェックし直しましたが、このような例は他には確認出来ませんね。かなりレアかと。

ともあれ、
【◎6:前半部装甲板・最前開口部の張り出しはそのままだが、後半部装甲板・最後部の基部用張り出しが加工省略され、開口部がその分拡大されたタイプ。◎4の逆パターンでかなり稀な例】
ということで追加です。

Ma_side6_2

記録写真では【◎4】のタイプの方はそこそこ見られ、基本的には先の記事のような変遷だったと考えますが、こういう例もあるんですねー。いやぁ、事実って面白いよなぁ。

|

ソ連軍のマチルダを作る:補助燃料タンク&補助燃料タンク基部

今回は、前回記事の最後の方で触れた「ソ連に行ったマチルダは補助燃料タンクが廃止されていた」のかどうかの考察をちょろーんと。
.

Ma_tank1

.

Ma_tank2


上に挙げたものは、とりあえずHD内に保存されていた写真からピックアップしたものです。
前三枚は、ソ連軍配備後の東部戦線に於ける写真。後三枚は英国本土のデポ及び積み出し港での撮影で、今まさにソ連に向けて出荷されゆくマチルダです。前回記事中に掲示した写真同様、車体後部に「補助燃料タンク基部」を装着した車両がそれなりに存在していたということが判ります。

前三枚のうち一番最初のものは「補助燃料タンク」自体をも装着しています。
側面の持ち手、上面の注入孔周囲の段差から、これは例えばT-34用燃料タンクの流用などではなく、マチルダ用オリジナルの燃料タンクであることがまた確認出来ます。

もし「ソ連に行ったマチルダは補助燃料タンクが廃止されていた」のならば、この「補助燃料タンクを装着した車両」はそれに反する「イレギュラー」な例で、何かの間違いでタンクを装着したままソ連に渡ってしまい、運用され、撃破された車両が奇跡的に写真に撮られたもの…ということなのでしょうか?
また、英国本土から出荷されていくマチルダ達は、廃止されて全く無用の装備となった筈の「補助燃料タンク基部」を、何故、整備・装着したまま海を渡ったのでしょうか?

そう考えるよりも、「マチルダについて、補助燃料タンク及びその基部は、英国に於いてそれらが装備されていた車両については、そのままソ連軍に引き渡されて使用された」…と捉えた方が自然だと思いますがいかがでしょうか。少なくとも、これら状況証拠写真の存在を踏まえた上での、現段階に於ける私の立場はこれです。

残された写真は確かに少ないですが、実は英軍が使用したマチルダでも、補助燃料タンクを装着した車両が絶対的多数だという訳ではありません。ソ連軍のマチルダが補助燃料タンクを装備していないのが「不自然なほど少ない」…とは、私は、感じてはいません。
ちなみに、「オーストラリア軍向けに送られたマチルダ」、及び「レンドリースでソ連に行ったバレンタイン戦車」に於いても、補助燃料タンクは同じく装着されているということを併せて呈示しておきます。

もし、「ソ連に行ったマチルダは補助燃料タンクが廃止されていた」という主張に根拠があるのでしたら(この場合、文献資料になると思いますが)、大変興味がありますので、それを呈示していただければ幸いです。

-------------------------------------------------------------------------------------------

ま、とはいえ前回の記事でいきなり「出鱈目」呼ばわりしたのは、些か大人げ無かったというか、キーが滑った感もあり、若干反省もしています(ちなみに出所は個人サイトではなく、商用サイトの製品説明欄ですので為念。むしろ商用サイトの記述なればこその突っ込みと言えましょう)。
従いまして、前回記事の当該箇所は、これは客観的に観測される事実とは異なり、また根拠も示されていないので注意と言い換え、訂正いたしました。
ふぅ…。ほんと、疲れる…。

|

ソ連軍のマチルダを作る:装甲板を切り欠いたソレマチ(小ネタ)

『それでも町は廻っている』10月よりアニメ化。

ほほぅ『それ町』がシャフトでアニメ化か…。「それ町…?」「ソレ…?マ…チ」な…何か重要なことを忘れているような…!だが思い出せない…ッッッッ!

そうですね。「ソ連軍のマチルダを作る」でしたね。いや別に飽きたとか止めちゃった訳じゃないんですよ?ただホラちょっと他の物を作らなきゃならなかったり作んなかったりで、しばらくお休みしてたんですよ?
その間にも脳内で色々とシミュレーションしたり、タミヤモデギャラでジャンクパーツを買い込んだり、エアーモデリングしたりしてたんで、あながちサボっていたとも言いきれないですよね?ね?

というわけで小ネタ
鉄道貨車上に遺棄されたソレマチで、剥げ剥げの冬期迷彩から冬の終わり頃の撮影かと思われます。丸部分、起動輪基部周りの装甲板が四角く切り欠かれていますね。

東部戦線で使用された
ソレマチは、冬期にはその独特の側面装甲板内部に氷雪が詰まって難儀したといいます。写真の車両はこれを回避する為に起動輪周囲の装甲板を切り取ったのでしょう。前方の、元からある開口部に高さ等を合わせていますが、仕上げがイマイチ雑なのがご愛敬。
このような処置を施した車両の写真は他には見たことありませんが、まだまだ存在した可能性はありますね。

ちなみにこの車両、側面装甲板下部の「サス点検用アクセスハッチ」はタミヤが模型化したのと同タイプの「ヒンジ内蔵式」ですが、その上の土砂排出用開口部は、最前開口部の張り出しが加工省略されたタイプ(以前分類した4番目のタイプ)です。「ヒンジ内蔵式のサス点検用アクセスハッチ」は比較的初期の仕様と捉えられることが多いようですが、実はこの車両と同様の仕様はポツポツ見掛けます。

また、車体後部に補助燃料タンクの基部があるのにも注意。最近どこだったかで「ソ連に行ったマチルダは補助燃料タンクが廃止されていた」とか書いてあったのを見ましたが、出鱈目
ですのでこれは客観的に観測される事実とは異なり、また根拠も示されていないので注意。補助燃料タンク自体も装着してる車両がちゃんとあります。

Tattsun

|

ソ連軍のマチルダを作る:Bronco Models の連結式可動履帯

Bromati Bronco Models のマチルダ2用・プラインジェクション製・連結式可動履帯が到着。
タミヤキットと同形式の「FLAT Type:品番 AB3532」と、後期の「T.D.5910 Type:品番 AN3531」の2種。いずれも1リンクづつ個別になった連結式。最近の同社製品の例に漏れず、モールドはタミヤと比べて遜色なく非常にシャープ。
マチルダの履帯は裏側のガイドホーンがカマボコ型のドーム状になっているので、それを再現する為に1リンクにつき表裏の2パーツ構成になっています。

「FLAT Type」はタミヤキット付属のものに比べ、表面の「+-+」型の凹部がやや浅めですね。これはパーツを裏表貼り合わせ式にする都合上、深さが取れなかったんでしょう。ちょっち惜しい感じですが、実際に組み込んでしまえば、まぁそう気にはならないレベル。

「T.D.5910 Type」は履帯表面の鋳造文字も再現しており、単調さを回避しています。このタイプは横一文字の張り出し(スパッド)の上左右にも小さい凸が付きますが、その大きさは時期、或いは鋳造所によってか、大きさや「裾野」の広がり方にバリエーションがあります。キットは比較的小さいタイプ。ソレマチではどちらも確認出来るので、これも問題なし。

マチルダ2の場合、履帯の半分近くはスカートで見えず、個人的にはタミヤの部分連結式でも充分じゃないかと思いますが、接地面などに微妙な表情が付く個別連結式もまた魅力ではありますね。情景模型を作成する際には効果絶大でしょう。それになにしろ安いですよ(今回は香港から調達しましたが、1セット850円しなかった)。

プラのモールド色はタミヤ・マチルダとほぼ同色のオレンジ系。両者のパーツを見てると、タミヤ純正でこんなのが手に入ったらかなりイイよなぁと思っちゃいますね。
今度タミヤから出る1/12の「Honda RC166」は、別売りでホイールや金属製チェーン等の純正ディテールアップパーツが用意されていますが、AFVでもそういった展開をもっと試みて欲しいな。それが出来るのはやはりタミヤ位しか無いと思うワケで。

|

ソ連軍のマチルダを作る:側面装甲板

側面装甲板(サイドスカート)開口部近辺

Sidepanel_a

写真に示した,及び部分それぞれに見える6個のマイナスボルトは、その内側に上部支持転輪の基部を固定する為のものです。
また、
の部分は、その装着部が開口部に張り出すような形になっており、開口部はL字型に加工する必要がありました。

上部転輪がスキッドレールに変更になると、当然ながらこのマイナスボルト孔、及び基部装着用の張り出しは無用のものとなり、加工が省略されるようになります。
ただし、恐らくは既にストックされていた装甲板の在庫消化、また、ラインに於ける規格変更導入のタイミングの問題等から、幾種かのバリエーション形式を観察することが出来ます。それらを下に図示します。

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

◎1:タミヤのキットが再現した型式。上部に於ける履帯の支持は小転輪によって行われており、その基部固定ボルト及び、装着部用の張り出しが見られる。

Ma_side1

◎2:履帯支持が、上部転輪方式からスキッドレール方式に変更になる。
ただし、装甲板自体は上部転輪装着用に加工されたストックを使用した為か、基部固定用のボルト孔も、基部用の張り出し部もそのまま。つまり(1)と同じ形式だが、基部を固定するマイナスボルト自体は装着されていないようで、孔は凹んでいる(ボルトが装着されている場合は装甲板とほぼツライチになる)。

Ma_side2

◎3:上部転輪基部固定用のボルト孔が省かれた。その他は(1)及び(2)と同形式で、基部用の張り出し部はそのまま。開口部の形状にも変化無し。

Ma_side3

◎4:側面装甲板は、車体中央付近に分割ラインがある前後に分かれたパーツだが、そのうち、前半部装甲板の最前開口部にあった基部用の張り出し(上パーツ写真での部分)が加工省略され、開口部はその分拡大された。後半部装甲板の最後部の張り出しはそのまま。

逆のパターン(前半部の張り出しがそのままで、後半部の張り出しが加工省略されたパターン)は現在まで未見。前半部の加工が先行された理由は不明だが、恐らくは前半部装甲板のストックが先に無くなったのではないかと考える。

Ma_side4

◎5:前半部に引き続き、後半部装甲板の最後部にあった基部用の張り出し(上パーツ写真での部分)が加工省略され、開口部はその分拡大された。
この場合、張り出しのあった部分には、ボルト孔の2つ開いた基部(用途不明。恐らくサイドスカート内側の構造物固定用)が付く。

Ma_side5_2

上記(1)〜(5)は、基本的にはこの順番で時系列されていたと考えられるが、実際に於ける仕様の混沌を鑑みるに、マチルダの生産は複数の工場が担当していたこともあり、特に(3)(4)(5)に関しては同時進行的に行われていた可能性もある。

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

さてさて、というわけでどの形式を再現するかですが、個人的にはやはり(4)ですね。前半部と後半部の加工が異なるということで表現に味があるし(←微妙すぎる味)、それにもし万が一タミヤからバリエーションでソ連軍仕様のマチルダが出たとしても、まずこの形式にはしないだろうしね。

|