« ウラヤスキーヴァゴンザボート | Main | Panzer Concepts【German 3 Ton AufsetzKran】 »

『大塚康生 道楽もの雑記帖』

大塚康生 道楽もの雑記帖』(大塚 康生 著,叶 精二 編集/構成,玄光社)を購入。

Dourakuzakki_01

大塚康生さんが各誌に発表した画稿や文章のうち、今まで単行本等に未収録だったもの(のうちの一部)をまとめた書。
掲載イラストは、アニメーション系は『ルパン三世』が中心かな。軍用車両系は『軍用自動車研究誌 MVJ』掲載のものを中心として、その他雑誌等に寄稿したイラストなど。
1970年代の『ホビージャパン』誌に載ったイラストも多く掲載されているが、これらのイラストの多くは掲載誌面からのスキャンではなく、今回新たに発見された大塚さん保管のオリジナル原稿を元にしているそう。いわば「デジタル・リマスター版」ですな。
高校生の頃、ホビージャパンの大塚さんの記事を目当てに古本屋でバックナンバーを探しさまよい歩いていた身としては、その蘇った解像度に感激。また、元の掲載イラストから加筆修正されて細部が微妙に異なっているものもあって楽しい。

Dourakuzakki_02

CMP・キャブ13のシボレーとフォードの違い(初出:ホビージャパン1973年7月号)なんて良いよね〜。
旧MAXのCMPはフォード生産型にしてみたいと昔からそこはかとなく思っていて、エデュアルドから出ているPE(フォードの四角い網目ラジエターグリル等が入ってる)も持ってたりするんですが、まぁそれだけじゃ難しいんだよね。
というか近年IBGとかからC60Lとかが出たけど、今、旧MAXのCMPを更新するならば、F60Lも出すくらいの意気地が欲しいよな。例え売れなくとも…(駄目か)。
『カリオストロの城』にCMPのC60Lが2台出て来るけど「2台のうち1台はF60Lだったらなぁ」と昔から思っていて、この間TVで『カリ城』やった時もそれが頭に浮かび「まだ言ってるよオレ」と苦笑しました。自分に。

もとへ。

画稿のうち、遺品の中から見つかったという CMPやフェデラルCOEトラクター等の着色イラストは、デフォルメを排して引かれた一本一本の線が繊細で美しく、経年でセピアをまとったスケッチブックの背景紙と相俟って、まるで仏画であるかのような静謐さを感じます。これはいつの日か展覧会とかで実物を見たいもの。

文章の方は、少年期の機関車から戦後のジープへの興味の広がり等が綴られた「第4章・道楽もの絵詞」以外は、アニメーションに関するものが主で、アニメーター向けに書かれたやや専門性の高いものも含まれますが、読みやすく、どちらも随所に見られる大塚さんならではの「視点」になるほどなぁと思うことが多いのですよ。

未収録の画稿や文章はまだまだある由。いずれまた続刊のような形で出版されるといいなぁ。

|

« ウラヤスキーヴァゴンザボート | Main | Panzer Concepts【German 3 Ton AufsetzKran】 »

ヨモヤマ」カテゴリの記事