« 『大塚康生 道楽もの雑記帖』 | Main | Das Werk【Schwimmwagen Trippel SG6/38】 »

Panzer Concepts【German 3 Ton AufsetzKran】

3t_aufsetzkran_01

新製品情報に疎くなっている私ですが、上のCG画像をふと見掛けて「んぐゎっ!コレが出るんか!」と色めき立ったワケです。
Panzer Concepts【35016 : German 3 Ton AufsetzKran。クレーンだけのCG画像では何だっけコレ?という方も、実車画像を見ればおぉアレかと思うかなと。3tクラス〜のトラックに外付け装着するクレーンで、オペルブリッツに搭載した例が多いですね。主に空軍で使用された模様。

初めてこのクレーン車両を知った時「強化外骨格みたいで格好良いじゃん!」と思ったものの、模型的にはインジェクションで出るとは思えないし、レジンでは成形的に難しそう。かといってプラ棒でスクラッチするには技術的にも資料的にもキビシイ…と思ってました。
しかし時代は3Dデザイン&出力の時代になり、ガレージキットとしての立体化が可能になったということでしょう。

すかさず発注し、15日目にコロラド州から無事到着。山盛りの梱包材をかき分けて出てきたパーツはブルーグレーのレジンで成型。トラス構造のパーツは見るからに華奢で、サポート部分を除去するのに神経をすり減らしそう。
大量のサポート部分によって大きな歪みはないものの、厚さ0.5mmほどのベースシート部分が収縮により曲がっていて、それにつられて長いパーツにはねじれが生じているものも見られる。全体に早いうちにサポート部を除去して歪みを矯正し、ラッカー系サフを吹くなどしておいた方が良いかも。
繊細なパーツの一つには運送時に生じたと思しき破損があってウゲゲ…と思ったけど、当該パーツは破損を見越してか2セット用意されていたのでセーフ。
製作には真鍮線やプラパイプ&ロッド各種が必要で、それらは自分で用意するのかなと思っていたら、これらも同梱セットされていた。サポート部を取り除けばすぐ組立てに掛かれるでしょう。

3t_aufsetzkran_02

なお本製品はベーストラックのキットとしてタミヤのオペルブリッツが指定されているけれど、ここは個人的な好みでサイバーホビー(ドラゴン)のブリッツを使用する予定。在庫のサイバー・ブリッツを引っ張り出してきて Panzer Concepts キットと一緒に積み直したので、もう完成も見えたな…。

コロナ禍もありここ数年は控えめだった海外通販。なんとなく1ドル=100円位の頭でいて「60ドルだから6,000円位か。まぁまぁだな」とか思っていたら、1ドル=140円を超えてましたよ。送料も60ドルなので、倍率ドン!さらに倍!って感じ。一瞬二の足を踏んだけど、最近の Panzer Concepts は3D出力で大物キット(列車砲とか)を出しているものの、生産(出力)数は少なめで早々に絶版になっているみたいで、この機会を逃したら入手は難しいと思い、意を決し購入。まぁ最近のフルインテリアキットなんかも割とサクッと1万超えてくるしな。と自分を誤魔化すのでした。

|

« 『大塚康生 道楽もの雑記帖』 | Main | Das Werk【Schwimmwagen Trippel SG6/38】 »

モケー」カテゴリの記事