« ноябрь 2021 г. | Main | февраль 2022 г. »

декабрь 2021 г.

しばらく更新をお休みさせていただきます

n/t

|

May-Q同盟ミーティング・2021

昨日19日、May-Qメンバーの丞さんが所用で上京するのに合わせて【May-Q同盟南極支部越冬観測報告会 & コロナお疲れ忘年会】が開催された。

午後「イエサブ・秋葉原スケールショップ」にて丞さんと待ち合わせ。ラジオ会館に移動し「ボークス・ホビースクエア秋葉原」にて邦人さんと、居酒屋に移動したのち大楽さんも合流して、久々の「May-Q同盟ミーティング(という名の飲み会)」がスタート。いやホント久々で、May-Qの飲み会としては2019年10月の丞さん南極壮行会以来ですよ。

東京都の新型コロナ感染者数も落ち着いている状況なので何となく気分も穏やかなれど、しかし油断はせずに基本はマスク会食というスタイル。それでも、いつもの模型莫迦話で大いに盛り上がった。
また、邦人さんは「T-34 STZ・42年型(DML改)」「M4A3E8(RFM)」,大楽さんは「IV号戦車H初期型・フルインテリア(Miniart)」をそれぞれ塗装途中作品ながらお披露目してくれたので、居住まいを正してこれを鑑賞。端正で緻密な工作には圧倒されるよねー。

早目にスタートしたので20時過ぎにはお開きに。飲み会も作品鑑賞もやはり「リアル」にはかなわない。早くコロナの心配なく気楽にこうした集まりができるようにならないかな。

Kuni_stz42

|

ZVEZDA・2021年カタログ

というわけで、ZVEZDAの2021年カタログが発表されました()。
いやぁなかなかイイトコ突いて来るよねー。

1/35の大戦物では、既報の【STZ-5】の他、【T-70B】,【M4A2 (76) シェールマン】,【ダッジ WC-51】,【76.2mm 師団砲 ZIS-3】などなど。
今回発表になったものは全てZVEZDAによる新規開発になるとのこと。既に他社から出ているアイテムもあるけど、最近のZVEZDA水準でアップデートされるのはよろしいんじゃないでしょうか。

中でも【76.2mm 師団砲 ZIS-3】はキーアイテムで、【STZ-5】,【ダッジ WC-51】による「引っ張りモノ」需要が見込まれるところだし、【T-70B】で足回りが用意されるので将来的には【SU-76M】も出せるっちゃ出せるよね。

来年も刮目すべしですな。

Zve2021_20211218212501

|

ZVEZDAが【STZ-5-NATIトラクター】をアナウンスっ!

ZVEZDAが来年(2022)発売のアイテムとしてSTZ-5-NATIトラクターを発表、CGレンダリング画像を公開しました。んぐはぁ!

Zve_stz5_01

STZ-5はスターリングラードトラクター工場で生産されたソ連軍の砲兵トラクターで、1933年から開発がスタートし 1937〜1942年の間に合計9944台が製造されました。
たまに「ソ連版RSOトラクター」とか言われがちなSTZ-5ですが、逆ですから。RSOが「ドイツ版STZ-5トラクター」ですから。まぁ生産時期を見れば自明ですね(RSOは1942年11月から生産)。

同アイテムはインジェクションモデルでは VULCAN Scale Models からリリースされていて、なかなか頑張ったキットではあるものの、起動輪の歯数が実車より2枚少ないなど残念ポイントも散見されました。
また、STZ-5は同時期に Riich. Models からもアナウンスされて期待してたんですが、そちらは結局発売されなかったですね。

ZVEZDAのSTZ-5は、ロシアの著名な軍用車両レストアラーでオールドタイマー系の博物館も運営している エフゲニー・シャマンスキー氏が開発に協力しているそうで、氏の収蔵する実車の取材結果が反映されているようです。
STZ-5も生産時期により細部に微妙な変異があるけど(例えばフロント・バンパーの長短とか)、ベースとなる実車がしっかりしているので安心ですな。

CGレンダリング画像を見ても解像度の高さが窺い知れ、シャーシ&足回りをはじめ、キャビンや荷台など小さな車両に的確なディテールが凝縮されているようです。
例えば、転輪の「おむすび型」の穴のうち1つだけ三角穴が大きくなっている(ハブのグリスアップ・ポイントにアクセスし易いよう)様子などもちゃんと再現されており、期待が高まりますよ。

さて、ガッツリ再現された牽引フック周りを見ているとやはり牽引砲が欲しいところですが、ZVEZDAは何か出すつもりなんだろうか? 122mm 榴弾砲 M1938(M-30)の更新か、152mm 榴弾砲 M1938(M-10)あたりが出ると嬉しいんだけども。

あとは「STZ-5-NATI BM-13-16 カチューシャ搭載型」か。これも奇跡的に実車が残っているので出る可能性はあるかもですね。ただZVEZDAはバリエーション展開にあまり積極的じゃないからどうなるかな。

Zve_stz5_02

|

« ноябрь 2021 г. | Main | февраль 2022 г. »