« 2018年の大晦日 | Main | 上野の森美術館『フェルメール展』 »

2019年、各社始動

ついこないだ年が開けたと思ったらもう半月過ぎてゆ…。

2月のニュルンベルク・シュピールヴァーレンメッセを前に、各メーカーが本年度の新製品をポツポツと発表し始めました。

Miniartは2019年度新カタログを同社サイトにて公開。今年はM3中戦車系列等、既発表アイテムの消化が優先でしょうか、車両系の完全新作の掲載は無く、内心ホッとしたり。いや去年はT-60系の新製品を追っかけるので結構忙しかったので…(それほどか?)。

とは言え、新たに鉄道貨車がアイテム浮上したり、第一次大戦シリーズが予告されたりと、大物が控えている予感。ニュルンベルク以降に注目かも。

◎ ランチェスター装甲車で1/35 AFVに参入した Copper State Models(長いので個人的には河童モデルと呼んでますが)は、【Romfell panzer wagen】【Lancia 1ZM装甲車】を予告。どちらも好きな装甲車なので喜ばしい。
Lancia 1ZM装甲車は幾つかのメーカーからレジンキットが出てましたが、Criel Model製は車体がムクで、車輪もツルツルなのが難でした。Sparta Modellbau製のキットは車体が中空でタイヤパターンもイイ感じに入っており出来も良さそうでしたが、いかんせん入手難で私も結局未入手。ということでインジェクション化は歓迎ですね。WWI〜戦間期を経、WWIIでも少数が使用されたので、いじり甲斐がありそうです。
なお「Lancia 1ZMであり、Wikipedia等に見られる「IZM」という表記は誤りらしいのでご注意。

Csm_2


◎ その「河童モデル」、これは本当に開発中なのかネタなのか不明ながら【ツァーリ・タンク(タンク・レベデンコ)】の画像も発表しています。1/72では数社からレジンキットが出てましたが、1/35だと全長49cm,高さ26cmくらいですか。コレはなかなか置き場所に困りそう。
ただ、発表されたCGはちょっと全体的に解釈が古く再現度がイマイチで、どうせ出すならば各部をキッチリ検証してリリースして欲しいところ。

MENG【Rolls-Royce armoured car Pattern 1914/1920】と、ここんちもやはりWWI物。今年は各社のWWI装甲車ラッシュが続くんでしょうかね?
個人的には Fiat-Terni Tripoli装甲車とか出してもらいたいな。

◎ そんでもって、ICMからは【Ford W.O.T-8 Truck】がっっ!

Icm_wot8

当ブログ的には、間違いなく発売されるであろう「BM-13搭載・W.O.T-8 カチューシャ」の発売が待たれるところですが、これは来年かな?
いやしかしインジェクションでW.O.T-8が発売される時代が来るとは。長生きはするもんじゃて。

Wot8_bm13


◎ あとグリーンスタッフワールド【スカルグルーセメント・限定版クリスタルスカルボトル仕様】。なにこの中二病っぽい瓶は。すごい欲しいんですけど。黒いコートを羽織って内ポケットからおもむろにこのボトルを取り出し、不適な笑みを浮かべつつ一気に飲み干したいですね。
でもセメント入れとしては2秒で横倒ししてこぼしそう。

Skull

|

« 2018年の大晦日 | Main | 上野の森美術館『フェルメール展』 »

モケー」カテゴリの記事