« августа 2018 | Main | октября 2018 »

сентября 2018

『ウサギ目社畜科』2巻

『ウサギ目社畜科(2)』(藤沢 カミヤ・ヤングジャンプコミックス)が到着。
ウサギ目社畜科、もう好き過ぎて、ねんどろいどプチ付属のコミックス特装版とか出して欲しいし、もち入りオムライス食べたい。

Mofuko

|

タミヤから【M3A1スカウトカー】ガガガー!

秋のホビーショー発表の新製品として、タミヤが35363:M3A1スカウトカーを発表しましたね。2018年11月発売予定ということで、既にショップ予約も始まってるみたい。
【M3A1スカウトカー】と言えば、当ブログ来訪の皆さんならばご承知のように、実質的にはソ連装甲車なわけですが(暴言)、まさかタミヤから出るとは。いやこの流れは読めなかったなあ。まぁ読めたためしがないんですが。

レンドリースによりソ連に渡った【M3A1“スカウト”】は 1942年に261両,1943年に608両,1944年に1,954両,1945年に211両(数値は露・アルマダ刊『レンドース戦車 1941-1945』より)と、大戦後半の受領が多く、ベルリン戦など都市部で行動中の写真が多く残ってます。マーキングやスローガンを描いた車両も多く、楽しめそう。兵員輸送や偵察の他、76.2mm師団砲 ZiS-3や、122mm榴弾砲 M-30を牽引したケースもありますね。

タミヤのアナウンスによると、

◎ ソミュール博物館での実車取材によりリアルにモデル化。
◎ リーフスプリング式サスペンションやドライブシャフトなどの足回り、戦闘室内部もシャープに再現。
◎ 12.7mm重機関銃や7.62mm機関銃も精密な仕上がり。
◎ 躍動感あふれる乗員兵士4体とドライバー1体の合計5体のフィギュアをセット。
◎ 1945年のソビエト軍2種と1943年夏のシチリア侵攻作戦の米軍1種 合計3種のデカール付。

とのことで、特に最近のタミヤスタンダードである「3Dスキャン造形」によるフィギュアが雰囲気良いですね。
PPShを持った兵士はアジア系ヘッドだそうで、SU-76Mのプーチン似のヘッドを見た時から「タミヤはそのうちアジア系ソ連兵なんかもヤるな」と睨んでたので、来たな…という感じ。楽しみです。

M3a1_scout

|

« августа 2018 | Main | октября 2018 »