« Miniart【35219:T-60(Plant No. 264)】 | Main | 【BLITZSCALES 2017-09】 »

Miniart T-60 どれを買ったらいいんじゃろ?

Miniartからは現在までに3タイプの T-60が発売又はアナウンスされています。どれか1つくらい買ってみるかなーと思った場合、或いはどのモデルにするか迷うケースもあるかと。
実際のところ外観上で一番目立つのは「転輪の違い」なので、迷った場合は「好みの転輪のタイプ」で選ぶのが素直かもしれません。

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

35215:T-60 初期生産型 ソビエト軽戦車 フルインテリア / T-60 EARLY SERIES

プレス&溶接製・ディッシュ転輪 装備。
この転輪はT-40水陸両用戦車から受け継がれた直径515mmのもので、「フロート(浮き)」転輪とも呼ばれる(恐らくは水陸両用戦車用に中空で浮力を持つ為)。生産当初から採用。
誘導輪は転輪と同形状だが、直径がやや小さい460mm。

Gaz

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

35219:T-60(第264工場製)ソビエト軽戦車 フルインテリア / T-60 (Plant No. 264)

緩衝ゴム内蔵型転輪 装備。
T-34の鋼製転輪と同様、ハブ周囲に緩衝用のゴムが内蔵されたタイプ、鋼製リムで、外周にゴムは装着されていない。1942年4月から採用。
キット付属の誘導輪は、ゴムの省かれた直径460mmの鋳造製。

264

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

35224:T-60(第37工場製)初期型フルインテリア(内部再現)/ T-60 PLANT No.37 EARLY SERIES

鋳造製スポーク転輪 装備。
直径は515mm。ディッシュ転輪よりも生産が容易で、第37工場では当初から装備された。
誘導輪は転輪と同じものが使用されている。

37

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

また、使用された戦線別のイメージでザクッと言うならば、キットそのままの仕様で組む事を前提とすると…

35215:T-60 初期生産型 ソビエト軽戦車 フルインテリア / T-60 EARLY SERIES………1941年冬のモスクワ攻防戦あたりから。
35219:T-60(第264工場製)ソビエト軽戦車 フルインテリア / T-60 (Plant No. 264)………1942年春以降のスターリングラード地区や南部戦区周辺。
35224:T-60(第37工場製)初期型フルインテリア(内部再現)/ T-60 PLANT No.37 EARLY SERIES………1942年春以降の様々な戦区で広く使用。

…といったイメージでしょうか。あくまでザクッと言うと…ですが。第264工場製の「緩衝ゴム内蔵型転輪」は1942年春の採用なので、その辺だけ注意が必要ですかね。
なお、T-60が主に活動したのは1941年冬〜1943年頃ですが、レニングラード戦区・カレリア戦区では1944年秋頃まで使用されていたそうです。

※ 前回記事の終わりに書いた内容を独立させて加筆しました。画像はMiniartサイトから引用。
参考文献:『T-60とその派生型』(ユーリイ・パショーロク 著:タクティカル・プレス 刊)

|

« Miniart【35219:T-60(Plant No. 264)】 | Main | 【BLITZSCALES 2017-09】 »

モケー」カテゴリの記事

T-60」カテゴリの記事