« 静岡ホビーショー&モデラーズクラブ合同展 2017(2) | Main | 最近のお買い物・17/06/13 »

「バベルの塔」展・プレミアムナイト鑑賞会

上野「東京都美術館」にて開催中の【ボイマンス美術館所蔵 ブリューゲル「バベルの塔」展】、そのプレミアムナイト鑑賞会に参加。

「プレミアムナイト鑑賞会」というのは日時指定の特別鑑賞会で、通常は17:30分の展示終了時間後に、人数200名限定で鑑賞会を行うというもの。「観覧券の他に図録もしくは所定のグッズ、展覧会担当学芸員による事前レクチャーや鑑賞後のお飲み物がセット」ということで、なかなかにお得なバリュー。東京都美術館「バベルの塔」展では3回行われ、今回私はその3回目に参加してきました。

17:30から受付開始で、講堂にて担当学芸員による見どころ解説が18:00〜18:25まで。その後は展示会場へ移り、自由鑑賞。
人数200名限定というのが効いていて、実に快適に鑑賞。「バベルの塔」は予想通り最奥の間での展示だったけど、かなり大きい部屋に鑑賞者は大体15〜20人程度。絵の間近に立ってゆっくりじっくり鑑賞出来た。

今回、対展覧会用に導入した秘密兵器「PENTAX 双眼鏡 PAPILIO II 6.5×21」を持参。本機の特徴は「最短焦点距離が50cm」という所で、これが遺憾無く威力を発揮。エッチング作品等比較的小品が多い展示ながら、コイツで覗けばまるでルーペで拡大して間近で見ているよう。「バベルの塔」の細部も文字通り舐めるように鑑賞出来た。

売店ではブリューゲル・モンスターをあしらったバンダナを購入。このバンダナの幅が iMac 21.5インチの幅にピッタリだったので、パソコン未使用時のカバーへの就任が決定。

Imac_cover

さて「鑑賞後のお飲み物」は何じゃろかい?と期待していたんですが、美術館2階のレストランで「スパークリングワイン(グラス)又はソフトドリンク」ということでした。ここはスパークリングワインを所望。

客層的にはやはり「女性」で「お一人様」が多かったようで、レストラン内は会話等も少なく静かな雰囲気。まぁそんな中でオッサンが一人ワイングラスを傾けてるのも絵にならない感じですが、なかなか優雅な気分ではありますね。

今回の「プレミアムナイト鑑賞会」のような催しは初めて参加したけど、非常に良いイヴェントだった。
学芸員サンによる解説も解りやすかったし(このような講義を受けることも新鮮)、何より「人数200名限定」によって、美術館本来の「鑑賞する」という行為をきちんと味わえる場になっているのが嬉しい。最近何処も混んでるからねぇ。日時指定という部分さえ調整クリアー出来れば(予約したのは3月だった)、機会があればまた参加してみたい所存。

さて、次は国立西洋美術館のアルチンボルド展だ!これも楽しみー!

Arcimboldo

|

« 静岡ホビーショー&モデラーズクラブ合同展 2017(2) | Main | 最近のお買い物・17/06/13 »

ヨモヤマ」カテゴリの記事