« ソ連軍のマチルダを作る(タミヤが)! | Main | 『それ町』最終巻 購入 »

ソ連軍のマチルダは何色だったのか?(1)

ちょいと多忙でなかなか更新出来ない為、ネタを小出しにしてご機嫌を伺わせていただきます(^^;)。

「ソ連軍のマチルダは緑色に塗られていた」ということの傍証として、Imperial War Museum(英・帝国戦争博物館)収蔵の絵画コレクションから、絵画に描かれたマチルダをご紹介。

■『Loading Tanks for Russia』Leslie Cole:1941

https://artuk.org/discover/artworks/loading-tanks-for-russia-6786/

Leslie Coleという画家が 1941年に描いた作品。ソ連に送る為に貨物船に積み込み中のマチルダで、車体は緑色に描かれています。
よく見ると、吊り上げられた車両の車体側面には渡渉限界を示すラインが赤で描かれており、また手前の車両の車体には注意書きの文字が白で描かれているのが見て取れます。

■『Loading Tanks for Russia II』Leslie Cole:1942

https://artuk.org/discover/artworks/loading-tanks-for-russia-ii-6794/

こちらは 1942年の作品で、貨物船の船倉に固定作業中と思しきマチルダ。やはり車体は緑色で描かれています。
注意書きの白い文字も見えます。面白いのが登録番号(T-XXXXX)で、赤文字で描かれていますね。

ちょっと外れますが、操縦手ハッチや砲塔の上に置かれた木材が興味深い。何でしょうねコレ。ハッチ開口部周辺をガードしているので、或いはペリスコープの破損を防ぐ為の措置かも(ペリスコープは装着されたまま送られたようなので)?
輸送運搬時には砲塔右側面の煙幕発射筒は外され、前部フェンダー上の予備履帯や工具類も外されますが、これらも規定通り。

■『Lowering a Tank for Russia into the Hold』Leslie Cole:1942

http://www.iwm.org.uk/collections/item/object/5264

貨物船の船倉に吊り降ろし作業中のマチルダを描いたもので、車体色はこちらも緑。渡渉限界線は赤で描かれています。
この絵では「主砲&防楯周りが黒く塗られている」のに注目。これは防水の為にゴム系塗料でシーリングされた状態を表現したものでしょう。輸送運搬時には実際にこの処理が為されています。

いずれも、実際にその目で見て描いたんじゃないかと思わせるようなディテールが表現されており、緑色で描かれた車体色についても、ある程度の信憑性を感じさせます。
もちろん一方で、「撮影されたモノクロ写真を基にして、想像で描いたんじゃないの?」という切り捨て方も出来るでしょう。その辺は各自のご判断で。

|

« ソ連軍のマチルダを作る(タミヤが)! | Main | 『それ町』最終巻 購入 »

コーショー」カテゴリの記事

ソレマチ」カテゴリの記事