« августа 2016 | Main | октября 2016 »

сентября 2016

戦車パーカ

Webで見掛けた大胆柄のパーカ。なかなか着る人を選びそう。

Parka


KV-1の方は江倉 奈美 嬢にでも着てもらいたいですが、レンドリースのバレンタインって…。何だか意気が上がらなそうな感じ。

まぁでもインパクトで「このスカート」には負けるかな。こんなん履いてる女子、見たこと無いわ。

|

最近のヨモヤマ

■ 気が付けば9月も半ばを過ぎてました。ちょろっと忙しかったんですが。

■ 8月に秋葉のラジオ会館に行ったところ、その日は屋上を解放していたので上がってみた。秋葉で空を見上げる人は少ないし、智恵子は秋葉に空が無いといふけれど、ビル屋上のその上には空が。

Akiba1608


■ で、イエサブのパーツバラ売りコーナーに行ったら、Miniartの SU-122後期型用の戦闘室天板(観測キューポラ窓4つタイプ)パーツを売ってたのでゲット。ククク…これでオレの初期型インテリア付きは後期型にも組めるようになったゼ…。まぁ初期型で組みますが。

■ 少し前にロシアでまたぞろ STZ製 T-34(第264工場製の鋳造砲塔)が沼から揚がってたけど、この車両はクビンカに運ばれて、併設する「愛国公園」に早くも展示されているようです。元の保存状態が良かったし、クビンカ入庫なので変な魔改造されなくて良かった良かった。

Stz264bashny


■ 最近 Tiger I 用のコダワリ・エッチングパーツを出した「ROCHM model」の次回作は、RV35003:Soviet T-24 Medium Tank Idler Wheels (For Hobby Boss Kit)だそう。その温度差に風邪を引きそうですが、まぁその意気やよし。
Hobby Bossのキットは一応持ってますが、誘導輪内側のリブが再現されていないんですよ。ROCHM modelの誘導輪は主にその内側リブの再現を目指したものと思われますが、誘導輪だけ良くなってもなぁ…的。
T-24の誘導輪って3種類以上あるので、Tiger並みのおコダワリで、それらも出して欲しいですね。つーか起動輪も出してよ。

■ ザリガニパエリア、結局また食べたくなって新三郷の IKEAまで行ってしまいました。

■ ガイアが俺にもっと手を動かせと囁いている。

|

Zavod 3D【Halftrack suspension detail set Economy Pack】【Panther D Early detailing set】

オンデマンド・3D出力サービスの【Shapeways】から「オラ!1週間送料無料にしてやるから注文しろや!」とのお知らせメール。てことで、またまた発注。

1/35:Halftrack suspension detail set Economy Pack

ドラゴン製「M2, M3 ハーフトラック」系の、起動輪,誘導輪,その他、サスペンション周辺のディテールアップパーツ。

M2m3sus


ドラゴン・キットの起動輪&誘導輪は基本的に良い出来なんですが、リム部から中央に向かって伸びる「補強リブ」の表現が太いのが残念ポイント。Zavod 3Dのパーツは、3D出力パーツの面目躍如といった感じで、スケルトンな起動輪,誘導輪を良く表現しており、前述の補強リブもバッチリ細く再現されています。その他、誘導輪基部用のサスペンション・ダンパー&コイルスプリングも付属。
同様のディテールアップパーツとしては K59 からレジン製で 【C-008:M3 Suspension for M2, M3】というのが出てましたが、未所有で、かつ絶版状態だったので、Zavod 3Dのパーツは個人的に嬉しいアイテム。写真は1両分ですが、エコノミーパックを購入したので2両分確保。これでもう戦わずして勝ったも同然。

1/35:Panther D Early detailing set

「パンターD初期型」用のディテールアップパーツ。

Pandearly


以前購入したG型用と同様、シュルツェン支持架,予備履帯ラック,ペリスコープカバー,排気管基部の締め付けナット等がパーツ化されています。
んでも、例によって台座からの切り離しには難儀しそうだなー。縁日に出る「型抜き」の3D版みたい。
少し前、missing-lynx の Constructive Comments 掲示板にこの Zavod 3D パーツを使用したパンター作例が掲がっていましたが、なかなか良い感じでした。特に折り曲げ部にアールが生じているパーツの場合、エッチングよりも自然に再現出来ますね。

|

Magic Models 1/35【KV-2 初期型用・152mm M-10T 砲身】

Magic Models 1/35【MM35102:152mm 1938/40 (M-10T) howitzer monoblock barrel. KV-2 (early)を購入。

Mm35102


KV-2 用「152mm 榴弾砲 M-10T」のアルミ砲身は複数のメーカーから発売されていますが、それらはKV-2 後期型が搭載しているタイプで、砲身表面(外筒)が分割された状態を表現する為、砲身にスジが2本入っています(かなりオーバー表現になっているものが多いですが)。また、砲口に保護リングが装着されているのも特徴。

一方KV-2 初期型が搭載しているタイプは、砲身外筒が一体で分割線は見られません。また砲口の保護リングも装着されていません。写真参照。
Magic Models 【MM35102】はこの「KV-2 初期型」が搭載しているタイプのアルミ砲身。まぁただの筒みたいな外観ですが、一応、砲口に施条痕表現があります。
このタイプの砲身って過去に他のメーカーから出てましたっけ? ちょっと記憶が無いな


M10t_early


実車写真に当たったところ「KV-2 初期型」は全てこの「外筒一体型砲身」でした。一方、導入時期によっては「KV-2 後期型」でもこの砲身を装着している個体が存在するかも?…とも思いましたが、そちらはちょっと時間が無くて未確認。

|

« августа 2016 | Main | октября 2016 »