« Miniart【SU-122】購入! | Main | Revell 1/72【POLIKARPOV I-153 CHAIKA】 »

【T-34-100 ヴァリアント2】製作記・02

製作記を謳っていながら、なかなか「製作」に入らぬこと、映画館に於ける本編上映前の予告編の如し。

Model Point【RC321:Набор деталей для конверсии танк Т-34-85 в танк Т-34-100 разработки марта 1945 года(T-34-85戦車から1945年3月設計のT-34-100戦車へのコンバージョン・キット)】

発売は2012年。現在 Model Pointは活動を休止しており、同じチェリャビンスクに拠を置く【Magic Model】がブランド管理をしている(?)ような状況です。本キットも残念ながら絶版。「レジン薄命」とは良く言ったものです。私が言ったんですが。

Mp_kit_1


乳白色のレジン製で成形状態は良好。砲塔は全くのムクではなく、ある程度中空になっています。
T-44と同型の5ローラータイプ起動輪や、こんな風になってたのかよっ!…と驚愕の機関室上面など、シャープな出来。「100mm砲・LB-1」はアルミ製で、マズルブレーキは真鍮製。この辺は Model Pointの面目躍如といったところ。
がっ!私の購入分には、天板中央に付く「ベンチレーター・カバー」のパーツが入ってませんでした…。ちなみに、Webで見たロシアのモデラーもやはり同パーツが入ってなかったと嘆いてましたね。結構大きめのパーツなのに入れ忘れるなよ的。代わりに装填手ハッチのヒンジが2個入ってましたが。
ま、そんなこともあろうかと当キットは2個所有しているので(ヴァリアント1を作る際の保険で)、とりあえずそちらから調達します。

■ さて、Webで広く見られる T-34-100の図面は不正確なもので、また実車写真も数が限られている為、その「異形さ」は実は世間に正しく伝わっていないんじゃないか…とも思います。ドラゴン製の T-34-85砲塔と並べて比較するとこんな感じになります。

Mp_kit_2


砲塔横幅の拡大はともかく、高さの大幅な減少は、こりゃさすがに無理があるだろ…と心配になるレベル。しかも搭載砲は100mm砲ですからね。
しかしながら、この異形さこそが T-34-100の魅力。「最終形態」ってのはこれ位のビースト感がなくっちゃ。

■ なお、オンラインゲームの「World of Tanks」には、搭乗可能車両として T-34-100も用意されているようです。
Webの画像で見た限りでは「ヴァリアント2」であり、Model Pointキットを元データにしていると思われますが、砲塔に関しては(あまりに低過ぎて不安になったのか)やや高めにアレンジされてますね。その為に実際より防盾上部が広い「デコっぱち」状態になってしまっていて、ちとカッコワルイ。
ちなみに実際の T-34-100は、車両停止状態でないと射撃は出来なかったそう。

|

« Miniart【SU-122】購入! | Main | Revell 1/72【POLIKARPOV I-153 CHAIKA】 »

T-34-100」カテゴリの記事