« ギズモン GO | Main | 水道橋〜神保町〜秋葉原 »

【T-34-100 ヴァリアント2】製作記・06

■ Model Pointの砲塔はレジンのムクではなく半中空なので、キューポラ部分に穴を穿ってハッチを開状態にした。やはりハッチが開いているだけでも「生きてる」感が出るかなと。
ハッチ自体は T-34-85の1枚ハッチなので、ドラゴン・キットのキューポラ上部 1mmも基部として移植。ハッチのヒンジはピンバイスで開口して開閉可能としてあるけど、フィギュアを載せたい気持ちもあり。

Bashni_1


「Mk-4ペリスコープ基部」はレジン製パーツが用意されていたが、プラパーツの「カッチリ感」が欲しかったので、ドラゴン・キットから移植した。「アンテナ基部ガード」も Model Pointのモールドを削り取って、やはりドラゴンから移植。

アンテナ基部自体は真鍮製の ARMORSCALE【S35-007:SOVIET AERIAL MOUNT (Late Pattern)を使用したが、先端がちょっと長過ぎるので、ピンバイスでアンテナ差込み穴を掘り下げてから切り詰めた。

大型の「ベンチレーターカバー」は、パーツ表面の鋳造表現を落として控え目にし、T-44のものを参考に、取付アンカーの溶接跡を6箇所、ポンチで抜いたプラペーパーで再現。

インストには指示が無いが、砲塔側面の前後には4箇所「砲塔吊り下げフック」が付くので、ドラゴンから移植。フックの取付角度は吊下時のワイヤーの方向を考慮して斜めになっている。

Bashni_2


さて、Model Pointの砲塔表面には全体に鋳造表現が施されているが、既に本キットを完成させている(主にロシアの)モデラーとの差別化を図りたいので、鋳造表現を全面的に施し直す予定。あーしまった。砲塔吊り下げフックはまだ取付けないどきゃ良かったよ…。

砲塔内側には Vallejoのブラック・プライマーを吹いてある。希釈無しで
そのままエアブラシで吹けるのが便利だけど、やはりアクリルは塗膜が弱いね。

|

« ギズモン GO | Main | 水道橋〜神保町〜秋葉原 »

T-34-100」カテゴリの記事