« март 2012 г. | Main | май 2012 г. »

апрель 2012 г.

模型ファンが選ぶ、タミヤのミリタリーモデルNo.1

タミヤのHP上で開催されている模型ファンが選ぶ、タミヤのミリタリーモデルNo.1に清き一票を投じる。まぁミリタリーモデラーとしては当然でしょう。
これがいざ考えてみるとなかなか難しいというか、思い入れのあるアイテムが多すぎて迷いましたよ。

ククク…、しかしまぁこれで賞品の
エレファントはオレのものだゼ…。

|

静岡ホビーショー 驚愕の新製品

1ヶ月後の静岡ホビーショーを前に、各メーカーの新製品がポツポツ明らかになっていますが、その中でも驚いたのがコレ。

PLATZ の【1/1000 ラジオ会館

まぁある意味では「歴史的建造物」…と言えないことも無いでもないような気もしますが、「普通の商業ビルの模型化」ってちょっとスゴイな。エル・プサイ・こんがり…って感じ。

|

OKB Grigorov 1/72【Soviet heavy tank Object 279】

OKB Grigorov【72009 : Soviet heavy tank Object 279がブルガリアより到着。

お弁当箱ほどの大きさの箱を開けると、グレーのレジンで成形されたパーツが整然と入っています。成形状態は非常に良好。気泡等は見当たりません。
原型はCAD設計&出力も使って製作されているようで、車体や砲塔の微妙なラインもカッチリ再現されています。転輪や小物類にもガタついた「手捻り感」が無く、シャープで好印象。付属エッチングも効果的でしょう。

Obiekt279_2


※ 写真は車体パーツに砲塔を載せたもの。砲塔パーツの湯口を処理していないのでやや浮いてますが、各部の微妙なラインやシャープさが判るかと。手の平に乗せると銭亀みたいでカワイイ。

いまだに謎の多い車輌ということもあり、発表されているウォークアラウンド写真と比べると微妙にラインが異なったり差異がある箇所も無いではないですが、このスケールならば充分及第点でしょう。無論そういった部分に手を加えるのもアリですし、そうしてやりたくなる出来です。

なお、到着分(というか今までの出荷分)は起動輪パーツが不足していたそうですが(気付く前に先方から連絡が来た)、その不足分パーツも既に送ってくれたとのこと。その辺のアフター対応も◎です。

Obiekt279_1

|

【オブィエークト 279】のキットが遂に…!(←本当)

昨日は新興メーカー『天狗モデル』の1/35ニューキット【Obiekt 279】を紹介しましたが(エイプリルフールネタにつき削除済)、今日の記事は本当ですよん。

OKB Grigorovというレジンキットメーカーをご存じでしょうか。
主に 1/700 や 1/350 の潜水艦、1/72 AFV 用エッチングパーツやレジンキット等を出している、ブルガリアのメーカーです。

AFV は 1/72 がメインなので今まで製品は未入手だったんですが、例えば T-34-76 用のエッチング製増加装甲パーツを 10 種類以上も出しているなど、かなりマニア度の高いメーカーだなとは思っていました。名前からして OKB Grigorov = グリゴロフ試作設計局…ですからね。まぁ個人的にはグリ吾郎と呼んでますが。

近年は CAD 設計&出力等を活用しつつレジン製フルキットも開発しており、今年出た新製品がこの72009 : Soviet heavy tank Object 279です。

パーツ写真を見る限り、ディテールはシャープで、成形も良好そう。1/72 というスケールも、大きすぎず小さすぎず、このアイテムには相応しいんじゃないでしょうか。
既に発注済み&先方発送済みなので、到着したらまた内容をご紹介しましょう。

.

Okb_279

Okb_279_2


 

|

« март 2012 г. | Main | май 2012 г. »