« октябрь 2009 г. | Main | декабрь 2009 г. »

ноябрь 2009 г.

【アフタ・レゲンディ】

Gaz1173 「DeAGOSTINI(デアゴスティーニ)」はイタリアに総本社のある分冊百科系の出版社ですが、各国で展開している法人の企画は基本的にその国のオリジナルなんだそうで、日本だと「零戦をつくる」とか「東宝特撮映画DVDコレクション」などが展開されてますね。

で、ロシアではコレですよ。「Автолегенды СССР(ソビエト社会主義共和国連邦の自動車伝説 )」。毎号、1/43のミニカーが1台と、その車両の歴史やスペックを解説した詳細なパンフレット付き。欲しいー!

ラインナップは「ココ」に載ってますが、1940年代から50〜80年代の車両を中心に展開されています。GAZ-11-73 とか ZIS-101 とか UAZ-452 とかもありますよ。欲しいー!

創刊号は99ルーブル
欲しいー!

|

【T-34:最初の完全なる百科事典】

旧ソ連〜ロシアに於いて、T-34は大祖国戦争を勝利に導いた象徴的な兵器として捉えられていますが、そんなT-34も、その機構や歴史の全体に渡って詳細に網羅解説した書物は無かったんだとか。本書はそんなT-34についての「最初の完全な百科事典」という触れ込みで刊行されたもの。著者は、またまた登場のマクシム・コロミエッツ氏。

ハードカバーで、サイズはA4やや小さめの変形サイズ。ページ数は496ページで、厚さ32.5mmと堂々のボリューム。内容は多岐に渡っているので、目次を挙げてみますと…(超訳御免)

34_ecpedia■ 祖先は遠く、そして近い
■ 生産シリーズへの困難な道のり
■ ハリコフでの期間
■ “戦車駆逐車”
■ スターリングラードでの生産
■ 軍に於ける戦車
■ 第2次大戦中のT-34の生産
■ 火炎放射型 T-34
■ 増加装甲型 T-34
■ 戦争の後
■ T-34と武装、部品および構成の関係
■ 第2次大戦に於ける戦闘
■ vs. ティーガー&パンター
■ 戦車エース
■ 戦争の合計
■ 戦後のサービス
■ 第2次大戦に於ける最良の戦車

とまぁこんな感じ。「百科事典」と銘打ってはいますが、例えば「砲塔」という項目を引くと色々なタイプの砲塔についてズラーッと解説されている…というスタイルではありません。T-34に関する各テーマ記事の合冊的なスタイルで、特にフロントヴァヤ・イリュストラツィヤシリーズ、M・コロミエッツ氏の著作から引かれた記事が多いです。例えハリコフでの期間」「“戦車駆逐車”どは一章まるまる最近出たフロントヴァヤ記事の抄録ですね。
また、派生型に関しては、T-34M、
T-34ベースの砲牽引車・A-42などには触れられていますが、SU-122、SU-85といった自走砲系列については本書では扱われていません。

各記事内には、例によって初出の図版関係が多く掲載されており貴重です。

34写真では「第180工場にて撮影」とキャプション付けされた写真が多く掲載されています。本文によると「第180工場」はサラトフにあった工場で、戦闘によって損傷を受けた車両の車体及び砲塔の修理に当たった模様。掲載された写真も破損状況を記録したもののようです。
余談ながら「はて?第180工場って何処だっけ?」と手持ちの「ソ連国営工場番号リスト」に当たったんですが、何故か180だけ欠番になってました。謎。
また、第174工場第112工場の生産ラインを撮した写真も貴重。

工場由来の図版もアレコレ載っています。42年型・プレス砲塔の砲塔吊り上げボルト装着基部が単に砲塔表面に溶接されているのではなく基部自体が砲塔天板を貫通して内部でも溶接留めされてるのが判ってなるほど〜と思ったり。

未読ながら、各工場ごとの生産状況についても今までにない詳細さで記述されている様子で、今後のT-34研究に於いては外せない資料と言えるんじゃないかと。

そんな感じで基本的に良書なんですが、残念な点もあります。それは「本文の紙質が光沢紙ではなくマット紙である」ということ。折角の貴重な写真も、印刷がややつぶれ気味になっちゃってて残念。これは値段を抑える為だと思われ、事実、500ページ近い大冊にも関わらず、本国でだいたい3,000円位と非常にリーズナブル。
まぁ文句も言いづらいんですが、個人的には、仮に光沢紙で3倍の値段でも満足するであろう内容なので、ちょっと惜しい感じではあります。

ロシア・エクスモ社刊。ハードカバー496ページ。263 x 201 x 32.5mm。

|

【IMA:チャーチル Mk III 砲塔】

Churchil IMA 製の【 IMA00335:Corrected Churchill Mk III turret for AFV kit 】を入手。

AFV Club「Churchill Mk III」は良く出来たキットですが、砲塔に関しては実際とはやや異なる部分もあるそうで、そんな砲塔を丸々交換しちゃうのがこのセット。キット砲塔を切った貼ったしても修正は可能なようですが、楽をしようとしてついつい買ってしまいましたよ。堕落だ…。

ご覧のように砲塔パーツ本体は中空仕様。ハッチやペリスコープ等の小物はキットパーツを使用するのも、キットとの親和性が高まるので好感が持てます。

これで AFV Club の「Churchill Mk III」もバッチシOK!ですよ。まぁ実はまだキット買ってないんで買わなきゃですけども…。

|

『それ町』6巻 購入

Soremachi06 本格女子高生メイド純喫茶探偵商店街漫画『それでも町は廻っている』(石黒 正数 著・ヤングキングコミックス)の6巻を購入。

毎巻面白いけど、
いや面白かったなぁ6巻。

|

ソ連軍のマチルダを作る:Bronco Models の連結式可動履帯

Bromati Bronco Models のマチルダ2用・プラインジェクション製・連結式可動履帯が到着。
タミヤキットと同形式の「FLAT Type:品番 AB3532」と、後期の「T.D.5910 Type:品番 AN3531」の2種。いずれも1リンクづつ個別になった連結式。最近の同社製品の例に漏れず、モールドはタミヤと比べて遜色なく非常にシャープ。
マチルダの履帯は裏側のガイドホーンがカマボコ型のドーム状になっているので、それを再現する為に1リンクにつき表裏の2パーツ構成になっています。

「FLAT Type」はタミヤキット付属のものに比べ、表面の「+-+」型の凹部がやや浅めですね。これはパーツを裏表貼り合わせ式にする都合上、深さが取れなかったんでしょう。ちょっち惜しい感じですが、実際に組み込んでしまえば、まぁそう気にはならないレベル。

「T.D.5910 Type」は履帯表面の鋳造文字も再現しており、単調さを回避しています。このタイプは横一文字の張り出し(スパッド)の上左右にも小さい凸が付きますが、その大きさは時期、或いは鋳造所によってか、大きさや「裾野」の広がり方にバリエーションがあります。キットは比較的小さいタイプ。ソレマチではどちらも確認出来るので、これも問題なし。

マチルダ2の場合、履帯の半分近くはスカートで見えず、個人的にはタミヤの部分連結式でも充分じゃないかと思いますが、接地面などに微妙な表情が付く個別連結式もまた魅力ではありますね。情景模型を作成する際には効果絶大でしょう。それになにしろ安いですよ(今回は香港から調達しましたが、1セット850円しなかった)。

プラのモールド色はタミヤ・マチルダとほぼ同色のオレンジ系。両者のパーツを見てると、タミヤ純正でこんなのが手に入ったらかなりイイよなぁと思っちゃいますね。
今度タミヤから出る1/12の「Honda RC166」は、別売りでホイールや金属製チェーン等の純正ディテールアップパーツが用意されていますが、AFVでもそういった展開をもっと試みて欲しいな。それが出来るのはやはりタミヤ位しか無いと思うワケで。

|

« октябрь 2009 г. | Main | декабрь 2009 г. »