« ドロッセル・ジュノー・フィアツェーンテス・ハイツレギスタ・フュルスティン・フォン・フリューゲル | Main | ソ連軍のマチルダを作る:側面装甲板 »

8月の車故障の備忘録

8月8日(土)、車で外出。夏休み期間中の土曜なので道はだいぶ空いている。5分ほど国道を走行し、前方の信号待ちに合わせ、ギアを4速から2速にシフトダウン…したのだが、シフトノブは2速位置であるにも関わらず、ギアの感触が無くフワフワ。ふわふわタイム。

うわコリャ来たなと思い、惰性で走行しつつ、試みにアクセルをちょっと踏み込んでクラッチを繋いでみるが、やはりギアは入っておらずエンジン音のみが唸る。素早く後方と左を確認してウインカーを出し、車線変更をしつつ、ギアを一旦ニュートラルに戻し、あらためて2速に入れ直してみるが、やはり入らず。うーむ駄目かー。

こうなったら何処で停止するか。バス路線のある国道よりも一本入った方がいいかと思い、手頃な横道を左折。この時点で時速10kmくらい。ううっ、停まりそう。良さそうな路地があったので更に左折…の途中で、遂にストップ。すかさず降車し、片手でハンドル、片手でピラーを押す。たまたま通り掛かった見知らぬオジサンも押してくれて(ありがとうございます)なんとか邪魔にならない位置に停車。

はぁー。さて修理を呼ぶかと思ったら、その日に限ってケータイを忘れてきた模様。マッタク…。
公衆電話を探すも見あたらず、まぁ一度車に戻ってクーラーにあたるかと思い、エンジンを掛け、試しにギアを入れてみると、おぉ!入ったよ!
ギア関係の故障だが、ガリガリ音や金属破損音は無いので、まだ気は楽。そろりそろりと動かし何とか行けそうな感触なので、ギア入れっぱなしの2速と3速のみで辛くも帰還。

修理に出したところ、クラッチレリーズシリンダASSY からのオイル漏れとのこと。成る程。一旦停車して時間を置いたことにより、オイルが戻ったか何かで、うまいことギアが入ったのね。当該部品を交換し、その他、低速時のアクセルとエンジンの同調に違和感があったので見てもらったら、やはりバキュームホースが破損していたので、これも交換。

まぁチロッと修理代は掛かったが、大事にならなかったので良しとしましょう。遠出の最中とかだったら大変だったしね。
ここんとこしばらく、運行前点検をサボってたのでそれも反省。あぁそれと、故障した時には「ZiSの鍵を着けたから、そのノロイかっ…?」とも一瞬思いました(^^;)。

Enko 写真は今から10年以上前に出先で故障した時の写真。燃料ポンプ系の故障でしたが、こん時は大変だった〜。なにしろ場所が「こんなトコ」だったので…。

|

« ドロッセル・ジュノー・フィアツェーンテス・ハイツレギスタ・フュルスティン・フォン・フリューゲル | Main | ソ連軍のマチルダを作る:側面装甲板 »

ヨモヤマ」カテゴリの記事