« レンドリースのマチルダに関する覚え書き(3) | Main | 【1/35 MM No.300:イギリス歩兵戦車 マチルダMk.III/IV】 »

レンドリースのマチルダに関する覚え書き(4)

上部支持転輪とスキッド

サスペンション上部に於ける履帯の支持は、初期では小径の転輪が使われていましたが、これは泥が詰まりやすく、後にスキッドレールに変更されました。
この部分は装甲スカートの内側であり、仕様を判別しづらい部分です。スキッドレールの場合は「レール支持アーム」が比較的確認しやすいのでそこから判定出来ますが、小径転輪の場合、転輪自体を視認することはその装着位置からも難しく、「角度的には写っているべきスキッドレール支持アームが確認出来ないので…」という消極的な判定をするしかありません。

さてレンドリース・マチルダですが、写真を検証した結果やはり「スキッドタイプ」が圧倒的に多いですね。「小径転輪タイプ」…と思われる車両の写真もありますが、41〜42年の冬に撮影された車両で、もう既にスキッドの装着が確認出来たりするので、数的には少なかったと思われます。

タミヤのキットは「小径転輪タイプ」なので、ここはやはり手を入れて「スキッドタイプ」にすると気分的にスキッとするかな(←洒落?洒落なの?)。

|

« レンドリースのマチルダに関する覚え書き(3) | Main | 【1/35 MM No.300:イギリス歩兵戦車 マチルダMk.III/IV】 »

コーショー」カテゴリの記事

ソレマチ」カテゴリの記事