« レンドリースのマチルダに関する覚え書き(4) | Main | 最近のお買い物・09/07/27 »

【1/35 MM No.300:イギリス歩兵戦車 マチルダMk.III/IV】

発売になったので、早速買ってきました。
いやぁ21世紀のマチルダキット。良いですねー。幸せなリメイク。幸せな模型化だなぁ。

モールドはさすがにキレがあり、また何というか、醸し出す雰囲気が上品。
車体前面は三つの鋳造パーツを組み合わせるという実車通りの構造で、組んで面白い感じですね。その鋳造表現、中央のパーツには横方向のタッチも織り交ぜられていて、これも雰囲気良し。

キットには2種類の2ポンド砲の他、CS用の3インチ榴弾砲砲身も入ってるのね。あとキューポラを「低いタイプ」にする為のパーツも。インストには特に指示記載がないので、これらは「サービスパーツ」ってトコでしょう。

CSあたりとは、いわゆる「2in1」にしても良かったような気がしますが、CSの場合、サスペンション上部の履帯支持が、恐らく殆ど「スキッドタイプ」だったと思われ、スキッドのパーツを入れるのは簡単でも、その場合、サイドスカート開口部の仕切り部分にある上部小転輪取付用のネジ穴モールドが不要になり、そうなるとサイドスカートをもう1種入れなきゃならなくなったりもするので、その展開は避けたのかも?
それでもサービスパーツとして入れてくれたのは喜ばしい。どのタイプにするか決める楽しみが増えましたよ。

防盾は、機銃ブロック下側部分の開口部が開いてないですね。まぁこれは抜きの関係で致し方ないところ。追加工作を楽しむこととしましょう。

エントリー【レンドリースのマチルダに関する覚え書き】は、発売までにあと「サスペンション点検ハッチのヒンジ」と「塗装」をやる予定だったんだけど、いいや、もう。出ちゃったし(笑)。

|

« レンドリースのマチルダに関する覚え書き(4) | Main | 最近のお買い物・09/07/27 »

モケー」カテゴリの記事

ソレマチ」カテゴリの記事