« Edmodels | Main | アランホビーの B-4 203mm 重榴 »

たい焼き

Taiyaki 最近巷で割と話題になっている、神田 達磨のたい焼きを買ってみました。

薄皮仕上げで老舗風。餡は素材の良さが伺える上品な甘さで、口の中が過剰に甘過ぎちゃうこともなく食べやすい感じ。
ここのたい焼きの特徴は、本体周囲にはみ出した大量の「バリ」で、見て楽しいし、食感もカリカリ&しっとりで嬉しい。写真では尾のあたりのバリが欠けてるけれど、バリ込みで全体が長方形になっているのがデフォルトみたい。
一説によると、自然なバリをはみ出させる為に、焼き型はわざわざモルドヴァのAERに発注しているとか(←ウソ情報)。

たい焼きというと「しっぽまで餡がぎっしり」というのを売り文句にしていることが多いけれど、個人的には尻尾の部分には餡が入っていない、皮だけのものが好きなのです。
父方の実家(新潟)は菓子製造を営んでいて、冬場はたい焼きも焼いてるんですが、小学生の時に遊びに行った折りに、頼んで「餡抜き」のたい焼きを作ってもらったことがあります。つまり、尻尾に餡が入っていないのが好きな私なので「尻尾どころか、全身まるまる餡が入っていない状態」ならば、これはひょっとして美味いんじゃないかなと思ったワケですな。まぁ小学生だし。
で、焼いてもらって食べたんですが、いやコレはダメだよ。全然甘くないよ(←当たり前)。

話は戻って神田 達磨。店のおねいさんはカウンター越しの正面から見ると作務衣風ユニフォーム&腰前掛けなんだけど、後ろから見たら私服の黒タイツ&ホットパンツという出で立ちでしたよ。ナイス。

|

« Edmodels | Main | アランホビーの B-4 203mm 重榴 »

ヨモヤマ」カテゴリの記事