« 【ソ連重戦車 IS-3 / IS-3M】ヴァエンナヤ・レトピシィ シリーズ | Main | May−Q同盟 ミーティング »

【パンツァートラクツ・II号戦車G, H, J, L, M型】

Pt22 【Panzer Tracts No. 2-2 : Panzerkampwagen II Ausf.G, H, J, L, and M - development and production from 1938 to 1943】を購入。

「II号戦車G型」はしばらく前から「模型で作りたい車両・脳内ベスト10」にノミネートされていたので、タイミング良くクリアーな写真が表紙にババンと載っている本書はもうそれだけで買い。G型は四面図も掲載されてますが、機関室上部はまだ謎なのね。

アランのキットが存在する「J型」も図面が載っていて使えそう。もっとも、チラッと模型と図面を見比べてみたら軽く目眩がしましたが…。
J型は実戦配備写真も多く載っています。『Panzerfahrzeuge und Panzereinheiten der Ordnungspolizei 1936-1945 (Podzun-Pallas 1999)』に掲載されてる物もありますが、大判で載っているのでディテールを追うのに良いですね。

図面の充実しているのはやはり実車が残っている「L型」ルクス。掲載写真はいささか見飽きた感のあるものばかりでちと残念ですが、これは本文解説の参照用だから仕方ないか。

Luchs さて、ルクスの誘導輪アームには、恐らくグリスアップポイントであろうボルトが確認出来るんですが、このボルト、後方から見ると車体左側の誘導輪にしか視認出来ないのです。恐らくは誘導輪アーム自体が左右同じ物なので、右側アームでは180度反対側に位置することになり、後方からは見えないんだろうと予想してるんですが、このあたりトラクツはどう解説してるかと図面を見てみたら…。ボルト自体、図面に描かれてないよっ!スルーかよっ!スルーなのかよっ!
頼むぜ
、ミスター・トラクツ…(←そんな人はいない)。

「トラクツは写真や図面よりも本文を読まなきゃダメ」な本ということで、頑張って読みたいと思います。

|

« 【ソ連重戦車 IS-3 / IS-3M】ヴァエンナヤ・レトピシィ シリーズ | Main | May−Q同盟 ミーティング »

シリョー」カテゴリの記事