« T-34の鋼製リム転輪 | Main | Hobby Paint Shaker! »

T-34の鋳造転輪

34katki2 鋼製リム転輪の場合は「転輪周囲の穴は車体側と外側とで位置が不規則」だったが、では“スパイダーウェブ転輪などとも呼ばれる「鋳造転輪」の場合はどうだったかというと、こちらは「転輪周囲の穴は車体側と外側で100%全て位置は一致」している。

というのもこの鋳造転輪は「もともと車体側(内側)と外側は一体鋳造されている」のでした。つまり最初から穴の位置は合った状態で成形されていると。
私も実物を前に教えてもらうまで知らなかったので驚きでした。技術的に可能だったからそうしたんだろうけど、歩留まりとか悪そうな。衝撃には強いだろうから第1・第5転輪に使用されたのもその辺の理由と関連付いてるんでしょう。

とりあえず、クラッシュモデル等を作る際、鋳造転輪の場合は「転輪外側だけが外れた状態」というのは有り得ないので注意。

|

« T-34の鋼製リム転輪 | Main | Hobby Paint Shaker! »

モケー」カテゴリの記事

コーショー」カテゴリの記事