『ウサギ目社畜科』2巻

『ウサギ目社畜科(2)』(藤沢 カミヤ・ヤングジャンプコミックス)が到着。
ウサギ目社畜科、もう好き過ぎて、ねんどろいどプチ付属のコミックス特装版とか出して欲しいし、もち入りオムライス食べたい。

Mofuko

|

タミヤから【M3A1スカウトカー】ガガガー!

秋のホビーショー発表の新製品として、タミヤが35363:M3A1スカウトカーを発表しましたね。2018年11月発売予定ということで、既にショップ予約も始まってるみたい。
【M3A1スカウトカー】と言えば、当ブログ来訪の皆さんならばご承知のように、実質的にはソ連装甲車なわけですが(暴言)、まさかタミヤから出るとは。いやこの流れは読めなかったなあ。まぁ読めたためしがないんですが。

レンドリースによりソ連に渡った【M3A1“スカウト”】は 1942年に261両,1943年に608両,1944年に1,954両,1945年に211両(数値は露・アルマダ刊『レンドース戦車 1941-1945』より)と、大戦後半の受領が多く、ベルリン戦など都市部で行動中の写真が多く残ってます。マーキングやスローガンを描いた車両も多く、楽しめそう。兵員輸送や偵察の他、76.2mm師団砲 ZiS-3や、122mm榴弾砲 M-30を牽引したケースもありますね。

タミヤのアナウンスによると、

◎ ソミュール博物館での実車取材によりリアルにモデル化。
◎ リーフスプリング式サスペンションやドライブシャフトなどの足回り、戦闘室内部もシャープに再現。
◎ 12.7mm重機関銃や7.62mm機関銃も精密な仕上がり。
◎ 躍動感あふれる乗員兵士4体とドライバー1体の合計5体のフィギュアをセット。
◎ 1945年のソビエト軍2種と1943年夏のシチリア侵攻作戦の米軍1種 合計3種のデカール付。

とのことで、特に最近のタミヤスタンダードである「3Dスキャン造形」によるフィギュアが雰囲気良いですね。
PPShを持った兵士はアジア系ヘッドだそうで、SU-76Mのプーチン似のヘッドを見た時から「タミヤはそのうちアジア系ソ連兵なんかもヤるな」と睨んでたので、来たな…という感じ。楽しみです。

M3a1_scout

|

秋葉〜神保町巡回・2018.08.17

超久々に秋葉巡回など。

■ 秋葉原駅から電気街口に出たら、角のゲーセンの入り口に C.V.33(レプリカ・ガルパン仕様)があった。というか、デカっ! C.V.33ってこんなにデカかったっけか?
クビンカで実車(C.V.35 ハンガリー仕様)を見た事がある…というかペシペシ叩いた事があるんだけど、もっと小さかった印象が。クビンカは周りの車両がデカいから相対的に小さく見えたのかな。

■ ラジオ会館の、まずは10階へ。あまり知られていないと思うけど、ラジオ会館の10階には「ガラス瓶入りコカ・コーラ」の自販機があるので、スカッと1本、オペレーション・アークライトって感じ。唇に当たる瓶の感触が優しい。

■ ラジオ会館を上から攻める。なんかねー、パンサーとかキングタイガーのしんせいひんがいっぱいあったよ(←幼児退行)。色々出過ぎててオジサンなかなか付いて行けないですわ。もちろん新製品が出るのは良い事ではありますが。

■ そういや、TAKOMのSMKを見なかったなぁ。

■ 続いて神保町方面に転進。途中クア・アイナ 神田駿河台店にて、アボカドバーガーセット&フレンチフライ。そもそもセットにフレンチフライが付いて来るってのに、失念して更にフレンチフライの無料クーポンを使っちゃったので、なんかもうフレンチフライだらけに…。まぁうまいので良し。

Avocado


■ 神保町では書泉グランデに寄って新刊書等のチェックなど。

|

ザリガニ フェア 2018

夏の恒例、IKEAの「ザリガニ フェア」が今年も絶賛開催中!ということで IKEA 新三郷店まで。

今回は「ザリガニ ジャンバラヤ」と「ザリガニ プレート」の注文で、都合5ピースを堪能したガニ。

Zari2018

|

最近のお買い物・18/08/14

割と最近のお買い物から。

■ Northstarmodels 1/35【NS35068:Soviet Tank Radio 9-R (9-RM) with interphones TPU-3-Bis-F and TPU-4R】,【NS35069:Soviet Tank Radio 9-RS with interphones TPU-3-Bis-F

ラトビア・Northstarmodels製のレジンパーツで、ソ連軍の戦車・装甲車用の9-R型・車載無線機セット。レジン製・エッチングパーツ付き。
同社からは【71-TK-3型車載無線機セット】が出ていますが(過去記事)、71-TK-3型が戦前から大戦初期に多く使用されたのに対し、9-R型は主に大戦中〜後期に使用されたタイプ。
オープントップ型自走砲であるSU-76系がこれを搭載しているので、模型に使用する際には映えそう。原型には3D・CGを活用しており、細部にわたってシャープな出来。とりあえず2個購入。

Ns35


Lerchik 1/35【LR35007:Soviet Red army female pilot (vvs) in wwII 1935-1940

Lerchikは中国の新興ガレージキット・メーカー。現在のところ主にソ連兵士のレジンフィギュアをポツポツ出してます。それも女性フィギュアが多い。
LR35007はソ連軍女性パイロットで、航空機ネタなのに1/35なのが珍しい。Lera Ivanovaさんと名前が記されてますが、特に実在の人物では無さそう。
こちらも原型は3D・CGをベースとしているようで、なかなかの雰囲気。戦車兵に改造してやりたくなります。画像は同社SNSより。

Lerchik


なお、ブツは中国本土からの取り寄せだったけど、やはり郵便事情に問題ありでしたねー。China EMSで追跡も出来るんだけど、途中の深圳空港に1週間くらい留まった後、いきなり消息不明に…。まぁ再送してもらいましたけど。

New Future Design【T-34 Armor Plate from Factory STZ】,【T-34 Armor Plate from Factory 174】,【T-34 Set Armor Plates from Factory 112

オンデマンド・3D出力サービスの【Shapeways】から購入。ドラゴンT-34用の改造パーツで、生産工場や時期によって異なる車体後面装甲板のパーツ。

T34


写真右側上下が「第112工場」製セットで、丸小ハッチと長方形ハッチ。写真左上が「STZ」。その下が「第174工場」。
というか「第112工場製で長方形ハッチ」の車両ってパッと思い浮かばないなぁ。むしろ後期の大きいハッチの方が使い勝手良かったんじゃ?

ぶっちゃけ、平面パーツなのでプラ板からの自作もそう難しくは無いんですが、「リベットはMasterClub製のものを各自で植える」というシステムが面白げなので話のタネに購入してみました。手元にあると眺めてても楽しいパーツだしね(←これ大事)。

ドラゴン車体パーツにはピタリと合います。

112


なお余談ながら、この「第112工場製・小さい丸型点検ハッチ付きの車体後面装甲板」は「M-17ガソリンエンジン搭載車の特徴である」…とは言い切れないのではないかと思っています。
私の観測では、このタイプの車体後面装甲板を装備しながらも通常の「V-2ディーゼルエンジン」を搭載した車両が複数確認されており、つまりその時点で「M-17ガソリンエンジン搭載車の特徴」という前提は危うくなっています。

生産時期的に、第112工場生産の600両余りの「M-17ガソリンエンジン搭載車」が皆このタイプの車体後面装甲板を装備していた…という可能性はありますが、個人的にはこのタイプは単に「初期型」ということではないかと考えています。

KUNI Modellbau【35092:40穴・幅狭鋳造転輪】【35093:IS-3用防盾(同軸機銃口・突出タイプ)

メーカー名はウソ(^^;)。邦人さんが T-34 1942年型を作る際に自作した「40穴・幅狭鋳造転輪」。昨年もに引き続き、追加でまた譲っていただきました。感謝です。
そのうち1つはレジンを注形したままのシリコンゴムがゴロンと入ってました。「梱包芸術」かと思いましたよ。
それと、邦人さんの最近作「IS-3」用の防盾。同軸機銃口・突出タイプです。

Kuni_modelbau


いずれも『コレを使ってとっとと作品を作れや』という見えざる圧力がパーツから伝わってきます(^^;)。ハイ、頑張ります。

|

レンドリースの M3軽戦車とギザギザ金具

現存するM3軽戦車を観察すると、車体前部上面右寄り、車体機銃の延長線辺りにギザギザの金具を溶接している車両が在る。

Brake_control_bracket


上は、モスクワ郊外のアルハンゲリスコエに在る「ヴァジマ・ザドロシュノヴォ技術博物館」収蔵のM3A1軽戦車画像からトリミング。元写真は下記から。
http://legion-afv.narod.ru/M3A1_Stuart_MT.html

この「ギザギザ金具」はM4中戦車等でもお馴染みのもので、ブレーキ制御装置(Brake Control arrangement)用ブラケットとされている。
生産工場からの車両出荷時や、また船舶等での輸送の際、操縦手席のブレーキコントロールレバーはブレーキが効いた状態で固定されるが、そこから伸ばしたワイヤーを車体機銃の開口部を経由させて車外に引き出し、このギザギザの金具に引っ掛けて固定する。
車両の積み降ろしで牽引する際にはブレーキを解除する必要があるが、その際、車内にアクセスせずに(あちこちシーリングされているのでそれらを破らずに)このギザギザ金具のワイヤーをリリースすれば、ブレーキを解除することが出来る…というシステムだったよね、確か。

海外では「comb device(櫛型装置)」なんて呼んだりするみたいだけど、個人的に米国モノは可能な限りダサいネーミングで呼びたいというポリシーがあるので(←何でだよ)、ここはよりダサく「ギザギザ金具」と呼びたい。

さてそのギザギザ金具、タミヤキットを作る際にアクセントになるかなーと、HD内にコツコツ集めた「ソ連軍に供されたM3軽戦車の記録写真(150枚程)」を精査したのだが、結果、溶接砲塔(D38976)装備車,キューポラ付き馬蹄形砲塔(D39273)装備車,キューポラ無し馬蹄形砲塔(D58101)装備のM3後期型,そしてM3A1軽戦車の何れのタイプに於いても、装備した車両の写真は(例えば破損して取れた跡なども含めて)1枚も見つからなかった。

そもそもこのギザギザ金具が採用されたのは1943年の初め(2月頃?)らしい。対してM3軽戦車の生産は 1942年8月まで、M3A1軽戦車は1943年1月までなので、タイミング的にはM3A1がギリギリ間に合うかどうかといったところか。
ソ連へのレンドリース供給自体は1943年4月まで続いたので、最後期のM3A1ならば、デポでプールされている際などに後付けで装着された可能性なども考えられるが、あったとしても数的には少なそう。
例えば、1943年2月、黒海のユージュナ・オゼレイカ上陸作戦には30両のM3後期型,M3A1が投入されたが、それらの車両を観察してもギザギザ金具は確認できない。
クビンカ収蔵のM3A1(車体番号:W-3011743)は、溶接車体&スポンソン機銃穴パッチ付きだが、こちらもやはりギザギザ金具は装着されていない(この車両は1942年に到着したものだが)。

とはいえ、冒頭の車両のように、ギザギザ金具を装着したM3A1というのもまた現存しているのが悩ましいところ(もっとも、ロシア国内に展示されている車両でも、レンドリース由来ではなく、近年ヨーロッパから持って来たものも多いらしい)。

いずれにせよ、装着していたとしてもM3A1で、M3後期型の場合は装着の可能性は低く、「タミヤキットをソ連軍仕様で作る際には、わざわざギザギザ金具を装着する必要性は薄い」…と、まずは言えそう。

なお、上記はあくまで「レンドリース・ソ連軍のM3軽戦車」の状況であって、それ以外、米・英軍使用車等の状況については全然調べていないので、その辺はヨロシクです。
例えば、ユーゴ軍に供されたM3A1(溶接車体・スポンソン機銃元から廃止)はギザギザ金具を装着していたりと、ポツポツ写真は見つかりますね。

|

T-34の缶詰

34ki_can

棚を整理していたら、1999年にモスクワで買った缶詰が出てきました。んで、上面&下面がパンパンに膨張していて怖い…。
左が購入後間もなく。右が現在。シュールストレミングみたいに破裂してブシャーってなるんじゃなかろか…。

「チェルキゾフスキー食肉加工工場」製で、T-34の肉かと思ってましたが、牛肉と豆を煮たものの缶詰みたい。そう聞くと何か美味そうだけど、さすがにもう食べられないかな…。

|

SMK重戦車の履帯幅

発売なった TAKOM 1/35【2112:SMK ソ連重戦車。我々人類は遂に1/35インジェクションでSMKを入手するに至ったか!…と感無量ですね。
とか言いつつも、私は予約に出遅れて未入手、模型店にも行けてないので内容も未見だったりで、もう人類失格。

今回はその「SMK重戦車の履帯幅」について。

KV〜ISシリーズの履帯はデザイン的に類似したもので(バリエーションによっては例外アリ)相互に連結も可能だが、履帯幅〜主に左右のフランジ部分の幅〜については下記の様な変遷がある(画像は出展としたそれぞれのマニュアルや公式書類で、赤枠が履帯幅データ)。

1)SMK,KV増加試作型(Uシリーズ):660mm

Smk_traki


2)KVシリーズ標準:700mm

Kv_traki


3)KV-1S,ISシリーズ:650mm

Is_traki


※ カタログデータなので、実際に鋳造成形された履帯を計測した数値とは誤差が生じる可能性はある。

上記のように、SMKの履帯幅は公式文書に「660mm」と記載されている。この履帯はKVの増加試作型(Uシリーズ)も使用しており、実際の使用状況は以下のようになる。

○ SMK:660mm履帯

○ KV 増加試作型(Uシリーズ):基本は 660mm履帯で、一部車両は 700mm履帯を混合装着

○ KV-1 39年型:極初期の一部は 660mm履帯装着の可能性あり。その後は 700mm履帯

○ KV-2 初期型:初期は 660mm履帯。後期生産車は 700mm履帯

下はKV 増加試作型のU-7車台で、660mm履帯と700mm履帯を混ぜ履きしており、フランジ部分の違いが良くわかる(画像は フロントヴァヤ・イリュストラツィヤ 01/2009『クリム・ヴォロシーロフ:レニングラードでの製造 1940-1941』より)。

U7



■ さてさて TAKOMの SMK履帯はどうかというと、一応きちんと660mm履帯を再現しているようです。リンク接着式で、モールドの表現は全体にやや硬いかな〜という感じ。

では、社外品の連結可動履帯等を奢ってやろうという場合にはどれを選んだら良いか…というと、現在のところ、SMK,KV増加試作型(Uシリーズ)用の「660mm履帯」を出しているメーカーは無く、従って、幅がほぼ近似である KV-1S,ISシリーズ用の「650mm履帯」を使うというのが手っ取り早いでしょう。

ただし「660mm履帯」は全てのリンクにガイドホーンがあるので、KV-1S,ISシリーズ用の「650mm履帯」でもいわゆる「二分割混合型」は使えません。
また、ディテール的には「660mm履帯」は後の「700mm履帯」「650mm履帯」に比べて接地部分のスパイクが薄く、また背が低いんですよね。この辺を踏まえ、なるべくディテールのショボい製品を選ぶと実物に近くなるという、一種パラドックスめいた状況です。

私が以前 KV 増加試作型(U-0)を作った時には、Armour Track Models【TK-012:Soviet KV-1/2 & JS-2/3 track】を使用しました。これは現在ではトランぺッターから【TK-012:ロシア 650mm幅 キャタピラ (KV戦車/JS戦車用)】として出ていますね。この製品は接地スパイク部分が薄く、「660mm履帯」として見立てた場合には割とイイ感じなんですが、その他のディテールは今見るとやはりちょっと物足りないかなぁ。

KV-1S,ISシリーズ用の「650mm履帯」は、現在ではメタル,レジン,インジェクションであちこちから出ているので、その中から自分好みの履帯を選択すると良いでしょう。繰り返しますが、ポイントは「650mm履帯」で「全てのリンクにガイドホーン」です。

|

夏のロトシ者あるある

スーパーやコンビニで「森永チョコレートアイスクリームバー・PARM(パルム)」を見掛ける度、ソ連軍のPARM(ПАРМ=移動式車両修理工場)が脳裏に浮かぶよねー。あー、あるあるあるある。

Parm1

とか書きつつ、今から「PARM」を食べます。

Parm2

|

朽ちゆく記憶

ebay出品アイテムより、半ば朽ちた独軍のM42ヘルメット。

M42_helm_01


思わず息をのむ存在感。
そもそもヘルメットというものは装着者の頭蓋を守る為の言わば「第二の頭蓋」なわけですが、殆ど朽ち果てる寸前、前方部は既にあらかた喪われ、しかしかろうじて頭蓋の輪郭を残している様子は一種現代アートめいてもいて。
残っている部分よりも、むしろ喪われた部分により存在感があるようにも感じられます。それは「装着者の頭蓋」であったり「記憶」だったり。

一瞬入手したくもなりましたが、このヘルメットの来歴を想像すると…ちょっと二の足を踏みますね。

M42_helm_02

|

«MiniArt【III号戦車B型(35162)用・追加修正パーツ】