秋葉原巡回・2019.04.20

今日は、合同展に向け製作中のブツに使用する塗料や補材を調達すべく、秋葉原に出撃。

それに先駆け、所有する塗料を引っ張り出して状態を調べたところ、ラッカー系はほとんどがカラカラに揮発していて使い物になりませんでしたよ…。そりゃまぁ私の塗装頻度からすれば…ねぇ…。
結局、Mr.カラー 30個ほどは廃棄処分に。でもこれどうやって捨てたら良いんだろ?瓶とフタは分けるんだろうなー。カラカラになった中身は?

■ ちょうど昼頃に秋葉原に着いたので、前から狙っていた HENRY’S BURGER Akihabara へ。
ココはいわゆる「グルメハンバーガー」系の店で、A5黒毛和牛100%の粗挽き肉をつなぎ無しでパティにしている。Aコンボ(チーズバーガー&フライドポテト&ドリンク)】を注文。ドリンクはサンペレグリノのガス入りウォーターを選択。

Henrys-burger

美味いわ〜。肉の美味さを味わえるハンバーガー。流石だわ〜。パティだけじゃなく、使ってるバンズも野菜も厳選されているのがわかります。ハンバーガーとしては値段もイイけども、満足。サンペレは500ml なので半分飲んで、残りはその後の行軍の補給用に。

■ その後、Comic ZIN にて、ウサギ目社畜科(3)』(藤沢 カミヤ・ヤングジャンプコミックス)児玉まりあ文学集成(1)』(三島 芳治・torch comics)を購入。
『ウサギ目社畜科』が好き過ぎなので「ねんどろいどプチ付属の特装版はありますか?」…と店員さんに訊いたんですが、「そういうのは出てません」ということで、通常版を購入。

Usagi_maria

■ ラジオ会館に転進。塗料を幾つかとエバーグリーンのプラ材等を購入。『必要なサイズは、所有していないサイズである』(エバーグリーンの法則)。

■ 御徒町まで歩き、途中、ドトールで休憩したり買い物したりしつつ帰宅。家に帰ると明日配達される筈の連結履帯が届いていた。え?オレこれからコレ組むの…?

■ 合同展まであと3週間ですってよ…。

|

最近のヨモヤマ 2019/04

■ 初春の令月にして 気淑く 風が語りかけます うまい うますぎる 埼玉銘菓 十万石まんじゅう。

■ 身辺諸々忙しく、ブログ更新も久々。ココログのリニューアルに伴い発生しているトラブルはだいぶ対応されつつある模様…?まぁしっかりやって下さいな。

■ 開催まで1か月を切った静岡合同展に向け、激しく模型製作中です。ヤスリ掛けとラッカーシンナーで指紋がヤラレてしまい、iPhoneの指紋認証が通りません…(モデラーあるある)。

■ Bronco Models から、カナダ軍 RAM 巡航戦車が出るそうで。
兵員輸送型【RAM カンガルー】や、火炎放射型【RAM バジャー】は好きな車両なので、昔、Kit and Co. から出ていたレジンキットを持ってましたよ。

Kit and Co. も謎なメーカーで今となっては情報も少ないですが、RAM に関しては、把握している限りでは Mk.I,Mk.II 1st Type,Mk.II 2nd Type,Mk.II 4Th Type,Mk.II 5Th Type あたりが出てた模様。というか RAM 以外には何か出してたのかな?
私は Mk.I,Mk.II 2nd,Mk.II 5Th の3種を持ってたかな。タミヤの M3 Lee をベースとする改造キットですが、鋳造車体はレジン向きなので形状とかなかなか雰囲気あったですね。今ならあちこちから解像度の高いパーツを持って来てバシッとしたものを作れそう。

Broncoのは Mk.II 初期型みたいだけど、砲塔付きの戦車型は砲身をダミーにした指揮戦車型【RAM OP】以外は実戦に出ていないハズなので、売れるんかなー?
車体側面の乗降ハッチ及び車体前面の銃塔が廃止された後期車体も出ると嬉しいけど、…というかどうせなら【RAM バジャー】を出して欲しいけど、最近のブロンコって出来はどうなんだろ?

 ■ ZVEZDA【SU-85】は箱絵とパーツが発表になってます。なかなか格好良い箱絵。パーツの方もまずはソツが無い感じ。画像はVKより。

Zv_su85_hakoe

Zv_su85_parts

■ 今年の桜は気候の関係からか長持ちしましたね。近所でも場所によってはまだ咲いてたりも。

Sakura_neko19

|

投稿テスト

ココログがリニューアルしたということで、投稿のテスト(後で消す予定)。

ロシアSNSより、ズベズダ・T-28。
.
※ リニューアルに伴うと思われる不具合(3/23現在)。
・スマホ(iPhone)で見るとスマホ版画面しか表示されない。いつもはPC表示にしていたので不満。
・スマホ(iPhone)で見ると、リニューアル後に投稿した記事(当記事)の画像は横幅が狭くなり縦に引き伸ばされた状態で表示される。
なお、画像を保存した場合には正常な縦横比で保存される模様。
・カテゴリー毎の閲覧画面で下方表示される「より以前の記事一覧」に、凡そ2015年以前の記事が表示されない。
Leakq176jgk
Qjuruoxa4au
Urtfakhovxc

|

ZVEZDA【T-34/76 1943 UZTM】テストショット

ZVEZDA【3689:ソ連中戦車 T-34/76 1943 UZTM】のテストショットが公開されました。画像は同社フコンタクチェより。

「ZVEZDAがCG&CAD設計でT-34を作ったよ」的な仕上がりに見えますが(そのまんま)、塗装をした状態を見るとなかなか雰囲気はあります。
テストショットなので砲塔の形状等については控えますが、割とさらっとした仕上がりかな。

あと、このタイプの起動輪は他の色々なモデルにも転用出来るので嬉しい。

(※ 3/12追記・砲塔はその後手直しされている模様)

Zvezda_t34_uztm_01

Zvezda_t34_uztm_02


|

ミハイル・コーシュキン の 1/35フィギュアなど

ARKONA miniatures【AMB35001:Михаил Кошкин(ミハイル・コーシュキン)

T-34の設計技師である「ミハイル・コーシュキン」の! 1/35! レジンフィギュアッ! ロシアの新興ガレージキット・メーカー「ARKONA miniature」製。

ダブルブレステッドの革製ジャケットを着用した立像で、左手は A-34のフェンダーに置いたスタイルと書物を持ったものの選択式。原型は CGからの出力。
外箱はレーザー加工で切り出された木製のもので、エングレーブでT-34の画が入っているなどスーベニール感高し。モスクワ・イズマイロフの市場で売ってそうな。
(その後、紙箱入りのバージョンも発売された模様)

Koshkin_1


同社からは ミハイル・カラシニコフのレジンフィギュアも出ているんですが、カラシニコフが94歳まで生きて写真も膨大に存在するのに対して、コーシュキンは42歳で没し、写真や資料も少なく製作には苦心した模様。
服装やポーズ、髪のボリューム等々について SNS上で意見を求めてそれを反映させたり、また去年公開されたコーシュキンをモデルにした映画『戦車(原題:Танки)』に登場した俳優のイメージ等も盛り込んでいるようです。

さてキット。顔はもう少しふっくらしている様なイメージだけども、まぁ雰囲気は捉えているかな。
ポーズはちょっと硬め。上着もシャツジャケット風でボリュームに欠けるので、少し痩せて見えますかね(ただしこのジャケットは若い頃の写真で着用しているものらしい)。「身長180cm程度」という設定で再現しているそうですが、も少し背が低い印象もあるかな。

Koshkin_2


いずれにせよ塗装が勝負になるでしょう。A-34 No.1を作った暁には、脇に置いてやりたいです。

■ Lerchik【35010-B:РККА Military Legal Officer

Lerchikの 1/35レジンフィギュア「労農赤軍法務官」。これも CG原型で、なかなかの美人さん。トカレフを構えてバギューンなポーズで格好良い。けど、使い所はムズカしいな。
黒塗りの GAZ- M1の隣とかに配置すると似合いそうですが、それも微妙にイヤンな感じも。

Legal_officer

|

水道橋〜神保町〜秋葉原巡回・2019.02.23

所用で水道橋。その後、神保町〜秋葉原とお決まりの巡回コース。

■ 神保町のコミック高岡(高岡書店)が3月末で閉店する」という報には触れていたけど、店内の張り紙を見てあらためて実感するなど。

まぁ昔話になってしまうけど、30年以上前、漫画専門書店など都内にもまだ少なかった頃、高岡書店はその品揃えで確固たる地位を持ってました。普通の書店には入らない本も高岡に行けばあるので、外せない店でしたね。
徹底的な立ち読み客の排斥(^^;)で、好き嫌いの分かれる店でしたが(何人かで行くと「オレは外で待ってる」と言って店内に入るのを拒む者も居たっけ)、私の場合は「はいウチは立ち読みお断りですよー」と声を掛けられる0.3秒前に本を戻すという特殊能力を会得していたので(^^;)、特にその辺は気にしてなかったかな。

アニドウの本とか置いていたので、FILM1/24別冊『未来少年コナン』とか、『ふくやまジックヴック』とかはココで買ったわ。青心社刊の士郎正宗『アップルシード』も高岡だなあ。あと『漫画の手帳』とかも毎号買うのが楽しみだった。何の事は無い、今こうしてキーを叩いている状態から首を後方に向けると、高岡で買った本がポツポツと本棚に並んでます。

神保町の交差点から、高岡〜十字屋〜書泉グランデと蛙飛びで進攻していくのが今でも私のスタイルなので、閉店にはやはり寂しいものがあります。

で、モデルグラフィックス』2019年4月号の早売りが出てたので購入。そうなんだよな。高岡は早売りするから、毎月23日の夜は会社帰りに高岡に寄るのが定番だったんだよな…。とまた寂寥感が。

Mg1904


モデグラの特集は『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』。んふはっ。閉店の高岡で片渕さん監修のモデグラを買う日が来ようとはっ。何か一瞬時空がねじれた様なふわふわとした不思議な感覚に。

■ その後、秋葉原に転進。久々に秋葉ヨドバシを覗き、その後はラジオ会館。プラ材,筆,エポパテ等を補充して「作ってる」感をアピール(誰に?)。
トランぺッターのKV-9が出てたのでチェック。「………」(←何か言えよ!)。

■ 小腹が空いたのでSUBWAY 秋葉原タイムズタワー店』にて、チリチキンサンド。 その後、御徒町ガード下の「2k540 AKI-OKA ARTISAN」を眺めつつ、御徒町駅から帰宅。本日の歩行距離は 6.2kmほど。

|

ZVEZDA【T-28】テストショット

ZVEZDAソ連中戦車 T-28のテストショット&ボックスアートが公開されました。画像は同社フコンタクチェより。

Zvezda_t28_test2

Zvezda_t28_test


先に公開されていた開発CGに準拠した出来ですね。部分部分に「んん?」と感じる部分もポツポツありますが、まずは素材としてベーシックなものになりそう。個人的にはもうソレでOK。

|

【スカルグルーセメント・クリスタルスカルボトル仕様】

グリーンスタッフワールドGSWD-108:スカルグルーセメント・限定版クリスタルスカルボトル仕様が到着。
これ一本で、ポリスチレン,ABS,PVCと、広義の(?)プラスチック全般の接着が可能という優れモノ…らしい。

Skullglue


ちょっと意図不明なドクロモチーフの瓶はガラス製でしっかりしているが、やはり2秒で横倒しにしてこぼしそう…ではあります(^^;)。

ククク…、さあ今こそ目覚めるのだ!!スカルグルーセメントよッ!!

Skullglue2


|

ズベズダの SU-85は「D-5S-85A搭載の SU-85A」だったよ

ZVEZDAから発売予定である【SU-85】のCGレンダリング画像が公開されました。画像はwebより。

Zv_su85a


私、5つ前の記事で「ZVEZDAのカタログ写真は【SU-85A】になってるけど、ま、どうせ実際に出るのは【SU-85】じゃないのー?」みたいな事を書いたんですが、実際の製品も【SU-85A】なようです。スンマセンしたっ!>ZVEZDAさん!

通常のSU-85は 85mm戦車砲「D-5S」を搭載していますが、1944年2月頃から 85mm高射砲1939年型・52-K後期型の砲身をベースに開発された「D-5S-85A」を搭載したSU-85が生産され始めます。この「D-5S-85A」を搭載した車両が【SU-85A】です。

ZVEZDAのCGレンダリング画像を見ると、D-5S-85A砲身の特徴的なシェイプの他、戦闘室後端が組み接ぎになっていたり、戦闘室側面の手摺が短くなっていたり、ピストルポートの位置が変更になっていたりと、1944年2月以降の生産車の特徴をカッツリと再現しているようです。ZVEZDAは開発に当たってモスクワ中央軍事博物館収蔵のSU-85A(1944年6月生産車)を取材したみたい。良き哉良き哉。

【SU-85】と【SU-85A】は当初並行して生産されたそうなので、模型的には、砲身をサードパーティー製別売りの「D-5S」に換装すれば「1944年2月以降生産の【SU-85】」としても組める事になりますね。というか、ディテールアップしようと機械的にアルミ砲身に換装するとそうなっちゃいますね。
【SU-85A】として組みたい方は、キットの砲身か、今後発売されるであろう「D-5S-85A」のアルミ砲身を選択しましょう。MagicMdelsあたりから出そう。出てほしい。

|

郵便局ガチャなど

■ 先日郵便局に行ったところ、窓口横に「ガシャポンのカプセル」が贈答品の箱入りの桃のごとくに並んでいました。
これは日本郵便とタカラトミーアーツのコラボ商品郵便局 ガチャコレクション 2通目というものだそうで、元々は2017年2月発売の製品なのだけれど、ここへ来て何故か全国の郵便局で扱っているそう。
カプセルだけならまぁ流してたんだけど、製品サンプル(中身)も幾つか展示してあって、ソレを見たら「ハイ欲しいー。コレ欲しいー。丸型郵便ポスト(郵便差出箱1号丸型) 欲しいー」となりまして。ただ窓口が混雑していて周囲に他の客も居たので、その場は「ほほぅ、最近は郵便局もこういうのを扱うようになったんですな。成る程成る程」というような顔をして、家に帰ってから速攻ネットで入手しました(^^;)。
スケールは1/15で、やわらか素材ではなくABS製なのでカッチリ仕上がっていて良いですな。

Post_neko


ついでにやはりガチャシリーズでVAG モリス・つのねこというのも入手。つのが生えた猫だそうで、赤いコートが可愛い。
ムクではなくソフビ人形のように中空になっており、首が回転します。仕上げのクオリティも高いですね。
思えばガチャを買ったのも久しぶりだなー。

■ 最近ハマってるのが焼きサンマのオイル漬け。頭を落としてワタを除いたサンマを4等分にしてグリルで焼き、ニンニク,鷹の爪,ローズマリー,ローリエと共にエキストラバージン・オリーブオイルに漬け込みます(詳しくはココを参照)。

Oil_sanma


で、2〜3日漬け込んだオリーブオイルを使って、アーリオ・オーリオペペロンチーノを作り、この焼きサンマを添える…ってのが美味いんだなー。
それから、余ったサンマをオニオン・スライスと一緒に(サバサンドのように)バゲットに挟んで食べるのも美味い。
去年からもう3回ほど作りましたよ。でも、時節的にそろそろ魚屋でサンマを見掛けなくなっっちゃいましたね…。

上の作り方ではサンマを筒切りにしていますが、普通に腹を割いてワタを除いた方が、内側にもオイルが漬かって好みかな。

■ これからはVチューバーだな…ということで、流行に乗り「May-Q同盟」公式・VR/Vtuber用 3Dアバターを作ってみたり。
名前はメイキ・ユウです!髪型が「M」を表しているのがポイント。今後、様々なメディアに登場する予定…は特に無いけどよろしくねっ!

Meiki_yuu

|

«上野の森美術館『フェルメール展』